top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「明石」の悔しさをバネに、神戸国際大附が悲願の甲子園V狙う【後編】

高校野球ドットコム

 今年は夏の甲子園で初の8強入りを果たした兵庫の強豪・神戸国際大附。秋の兵庫大会では準々決勝で敗れ、来春のセンバツ出場は絶望的となったが、1、2年生には実力者が多く、来夏が非常に楽しみなチームである。来年に飛躍が期待できる選手を紹介していきたい。


負けて気づくことができた

山里宝(神戸国際大附)

 新チームにも夏の甲子園でエースナンバーを背負った最速144キロ左腕の楠本 晴紀(2年)や好守の遊撃手・山里 宝(2年)、勝負強い打撃が持ち味で主将に就任した松尾 優仁(2年)など、実績のある選手が多く残っていた。秋の大会も上位進出が期待されていたが、青木監督はそんなに簡単なものではないと感じていたという。

「新チームというのは難しいと思うんですよ。たくさん旧チームのメンバーが残っているから強いとか、残っていないから弱いとか、そういうのはあまり関係なくて、嚙み合わせだと思うんですよね」

 今年は県内のライバルよりも新チームの指導が約1ヶ月遅れ、緊急事態宣言の影響で練習試合もできず、例年よりも難しいスタートを強いられた。紅白戦などで実戦不足を補おうとしたが、不安を抱えたまま秋の兵庫大会に臨むことになった。

 県大会2回戦から登場した神戸国際大附は初戦で三田学園に8対2で勝利すると、3回戦でも須磨翔風を5対2で下した。しかし、近畿大会出場まであと2勝と迫った準々決勝で明石商に1対3で敗戦。3季連続の甲子園出場はほぼ絶望的となった。

広告の後にも続きます

「守備のミスなどが多くて、チャンスを作っても試合は打線が繋がらなくて、ミスで負けた」と敗因を語った松尾。だが、青木監督は敗戦も決してマイナスには捉えていない。

「勝ってる時というのはわかっているようで水漏れすることが多いんですけど、負けた時は僕たちも選手も反省ばかりじゃなく、気づくことが多いですね。実戦経験も少なくてやった子がたくさんいるので、これからが楽しみだと思います」

楽しみな逸材の成長に期待

中辻優斗(神戸国際大附)

 秋を戦う中で見えた課題の一つが打力の向上だ。その中で青木監督が期待している選手の一人が1年生の日置悠斗。春からスタメン出場を果たすほどの選手だったが、右肘を痛めた影響で夏の大会はベンチ外だった。秋は代打として出場しており、春以降はレギュラー定着が期待されている。

 走攻守揃った日置を遊撃手として起用し、これまで正遊撃手だった山里を二塁手で夏の甲子園でもベンチ入りしていた柴田 勝成(1年)と競わせている。その山里もこの秋からスイッチヒッターに挑戦。左打席でも巧打を連発しており、攻撃の幅が広がりそうだ。

 そして、打線の起爆剤として期待されているのが、センバツでもスタメン起用された実績のある板垣翔馬(2年)。恵まれた体格を生かした長打力が武器の選手だが、センバツ後は肩の脱臼もあり、戦列を離れていた。それでも現在は元気な姿を見せており、来年は大砲として活躍してくれそうだ。

 投手陣は楠本がどうしても話題になるが、「学年関係なしに『楠本じゃなくて、俺が頭だ!』と思っている子はいますよ」と青木監督が話すように多くの投手が火花を散らしている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル