top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

虚偽申請で凍結被害、人気タレントが怒り ツイッター社の対応に「全然納得できません」

J-CASTニュース

タレントの三上悠亜さんと白石茉莉奈さんが、第三者による虚偽の申請により、ツイッター社からアカウント凍結など不当な措置を受けていたことが分かった。デジタルミレニアム著作権法(DMCA)が悪用されたものとみられる。

現在は一部復旧したが、プラットフォームの審査の甘さが露呈した格好だ。

「本当に悪質すぎる」

「私のTwitterアカウントが凍結されました」「ずっと大切にしてきた世界に一つのTwitterアカウントです(中略)このアカウントを取り戻せないなら、私はもうTwitterをやっていけないと思います」

白石さんは2021年10月16日、40万人以上のフォロワーを持つツイッターアカウントが凍結されたとインスタグラムで明かした。白石さんによれば、直近のツイートがDMCA申請に基づき著作権侵害で削除され、それが重なり凍結されたという。

DMCAは、米国のデジタルミレニアム著作権法の略称で、インターネット上で著作権を侵害された際、グーグルやツイッターに著作権侵害を申し立てることで削除できる仕組みをいう。

しかし、投稿はいずれも白石さんの近影で、「著作権侵害には当たりません」「全て犯人の申請通り削除される事となりました。全然納得できません」と主張している。

広告の後にも続きます

三上さんも16日、ツイッターに投稿した自撮り写真が著作権侵害だとして、DMCA申請を受けたと明かした。自身のスマホで撮影した写真が複数枚削除され、「本当に悪質すぎる」と不服を漏らしている。フォロワーは220万人以上おり、認証バッジ付きのアカウントだ。凍結は現時点で免れている。

2人はファンに向けて、ツイッター社への異議申し立てに協力してほしいと呼びかけている。

通知後即凍結

2人の所属事務所に20日、事情を確認すると、次のように説明した。

ツイッター社から10月15日ごろ、メールや通知で、DMCA申請があったと報告された。白石さんの元には「DMCA削除請求通知に基づき、次のコンテンツがお客様のアカウントから削除されました」と書かれたメールが10通ほど届き、間を置かずにすぐさま凍結の通告がきた。

DMCA通知を公開しているサイト「ルーメンデータベース」によれば、三上さんには14~16日にかけて3件、白石さんには14~15日に8件申請されている。

申請者は二人とも同じで、外国籍とみられる人物だ。自身のフェイスブックに転載した白石さん、三上さんの写真を根拠に著作権侵害を訴えていた。なりすましの可能性があり、本当にこの人物が申請したかは定かではない。J-CASTニュースは取材を申し込んでいるが、現時点で回答はない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル