top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

志村けんさんの半生ドラマ“共演者流出疑惑”で期待値さらに上昇

女性自身

志村けんさんの半生ドラマ“共演者流出疑惑”で期待値さらに上昇

《おはようございます! 本日情報解禁となりました。こちらでも発信していきますのでよろしくお願いします》

 

こうつづったのは、今年12月に放送予定のドラマ『志村けんとドリフの大爆笑物語』(フジテレビ系)の公式Twitterアカウントだ。

 

同作は昨年3月、新型コロナウイルス感染症に伴う肺炎のため亡くなった志村けんさん(享年70)の半生を描くというドラマ。志村さんの役を山田裕貴(31)が演じ、脚本・演出を福田雄一(53)が手がけると10月20日に発表された。

広告の後にも続きます

 

同作の公式サイトで、山田は「ドラマの中のセリフで、“笑いたがっている人、笑わせましょうよ”とありますが、そういうドラマになればいいなと思っていますし、その日1日は、志村けんさんに変わって皆さんを笑顔にできるとうれしいです」とコメント。

 

そしてTwitterでは《志村けんさんも山田裕貴さんも大好きなので今から楽しみです!》《山田くんが 志村けんさん役を演じる事に すごく楽しみにしています》《山田裕貴くん出るし楽しみ〜》と期待の声が続々と集まっている。

 

そのいっぽう、『大爆笑物語』は意外な形でも注目を集めている。実は同ドラマのTwitterアカウントのフォロー欄を見ると、上白石萌歌(21)や浜辺美波(21)に山本舞香(24)、広瀬すず(23)とアリス(26)姉妹、吉沢亮(27)に橋本環奈(22)に中村倫也(34)、佐藤二朗(52)にムロツヨシ(45)、そして永野芽郁(22)とそうそうたる俳優陣が並んでいるのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル