top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

学者の愛したコレクション ―ピーター・モースと楢﨑宗重―

cinefil

すみだ北斎美術館において2021年12月5日(日)まで「学者の愛したコレクション ―ピーター・モースと楢﨑宗重―」を開催しています。

すみだ北斎美術館では、北斎の研究者であり、世界有数の北斎作品コレクターであったピーター・モース氏と、葛飾派作品以外にも貴重で多種多様な資料を収集した浮世絵研究の第一人者・楢﨑宗重氏の二大コレクションを有しています。

本展ではピーター・モースコレクションより江戸時代の風俗・流行が窺える作品、楢崎宗重コレクションより江戸から昭和期にかけて特に人気や評価が高かったとされる絵師・画家の作品を厳選し、約140点を展観します。希少な北斎作品や、高名な絵師・画家たちによる貴重な作品の数々を展示し、両氏が生涯をかけて収集、研究した珠玉の名品に対するこだわりと研究業績を紹介します。

第一展示室入口展示風景
photo©️saitomoichi

展示風景:会場壁面にはモース氏の言葉も掲げられている。
photo©️saitomoichi

展覧会は3章構成で第1章は「ピーター・モースコレクション」です。

広告の後にも続きます

ピーター・モース(1935-93)氏は、北斎の「諸国瀧廻り」シリーズに関する論文を執筆、「百人一首乳母かゑとき」シリーズに関する単著『Hokusai: One Hundred Poets』を刊行し、また、北斎のカタログレゾネ(全作品目録)の作成を試みるなど、北斎の研究者であり、北斎作品の収集家でした。大森貝塚を発見したエドワード・モースの血縁(弟の曾孫)にもあたります。

北斎作品や研究資料など総数約600点に及ぶピーター・モースコレクションは、欧米における北斎の個人収集としては最高・最大の内容といわれており、研究者の眼で収集された希少価値の高い作品が多く含まれていることが特徴です。本章ではピーター・モースコレクションから95点の作品を展示します。

1章1節は「外での楽しみ」。
モースコレクションの中には自社参詣、行楽など、野外での活動の様子がうかがえる作品が多くみられます。モースコレクションの小版錦絵には、東海道の旅の様子を描いた作品が豊富にあります。江戸時代、東海道をはじめとする街道が整備されたことは、庶民が遠方に赴きやすくなった要因の一つと言えます。

葛飾北斎《新板浮絵八ッ山花盛群集之図》 文化(1804-18)中期頃  すみだ北斎美術館蔵(展示期間:前期)
photo©️saitomoichi

葛飾北斎《神田明神休茶屋》 文化2年(1805) すみだ北斎美術館蔵(展示期間:前期)
photo©️saitomoichi

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル