top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岸田首相&官房長官 危機管理より遊説優先?北朝鮮ミサイル発射時に“官邸不在”の問題点

女性自身

岸田首相&官房長官 危機管理より遊説優先?北朝鮮ミサイル発射時に“官邸不在”の問題点

10月19日午前10時過ぎ、北朝鮮が日本海に向けて計2発の弾道ミサイルを発射。今回発射されたミサイルは「潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)」で、2発とも日本海に落下したと推定されている。

 

岸田文雄首相(64)も、遊説先の福島市で「先月来、連続してミサイルを発射していることを遺憾に思う」と述べ、北朝鮮を非難。外務省も、弾道ミサイル発射は国連安全保障理事会の決議違反だとして外交ルートを通じて北朝鮮側に抗議した。

 

岸田首相は、東北を回る遊説日程を途中で切り上げ、東京の首相官邸に戻った。しかし、「もっと早く官邸に戻れたのでは」という声が党内から上がっている。

広告の後にも続きます

 

「予定では、岸田総理は福島県を午前中に回って、その後は仙台駅前で演説、秋田県内に入って八郎潟町や秋田市での応援演説をするはずでした。

 

ミサイルの1発目は10時15分、2発目は同16分とされていますが、総理は10時20分から土湯温泉で街頭演説を始めた。それが終わった後、仙台市に向かい、駅前の商業施設の前で応援演説に立っていました。つまり、北朝鮮がミサイルを発射していることがわかっているのにも関わらず、仙台に向かったわけです。

 

党内では、『なぜもっと早く東京に戻らなかったのか』という声が聞こえます。なぜなら、官房長官も官邸を不在にして、自分の選挙区に行っていたのです」(自民党関係者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル