top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新宿で激レア屋久島グルメを食いまくり! バスあいのり3丁目テラスで開催中「屋久島フェア」に行ってきた

ガジェット通信

九州本土最南端から60km南方には世界自然遺産にも認定された「屋久島」があります。屋久島では豊かな自然が育んださまざまな食材が収穫できるのですが、農業や漁業における人手不足や輸送費の問題で流通ルートの確保が難しく、島外で屋久島産の食材を食べるのは非常に難しいのだそう。

そんななか、東京・新宿の「バスあいのり3丁目テラス」にて、10月16日から10月31日まで屋久島産の希少食材を体験できる「屋久島フェア」が開催されています。

「バスあいのり3丁目テラス」は旅客用の高速バスの空きトランクを利用し、全国各地から新鮮な食材を輸送費を抑えながら調達するという画期的なシステムを導入している食のプラットフォーム。

今回の「屋久島フェア」で扱う食材も屋久島から食材を船便で鹿児島まで運び、そこからバスで福岡を経由して新宿まで運んできているそう。この流れで運送すると屋久島の食材も新宿まで通常の半分くらいのコストで運べるのだとか!

「屋久島フェア」開催期間中は本来なら屋久島に行かないと買えないようなお土産が揃っているだけでなく、屋久島の新鮮な食材を使った数々の激レアグルメを堪能することができます。

広告の後にも続きます

ありがたいことに屋久島フェアの開催に先駆けておこなわれたメディア向け試食会で一通り食べることができたのですが、どの料理も満足度が非常に高め。純粋に美味しかったですし、なにより希少なグルメを通じて現地の食文化に触れられて幸せな気分になれました。

屋久鹿タコス

屋久鹿タコスは世界自然遺産の環境で育った木の実や果実で育った鹿肉を使用。臭みの少ない赤身肉は旨味が強く、黒豚も合わせて豊かな味わいに。

スパイシーなソースとフレッシュなトマトの味付けが抜群でした。これはお酒を飲みたくなる逸品!

屋久島トビウオバーガー

トビウオは現在「あごだし」として人気ですが、屋久島では大きいサイズのトビウオが収穫できるため、唐揚げや刺身、寿司など、さまざまな食べ方で親しまれてきました。

今回はそんなトビウオのすり身を使った「つけ揚げ(さつまあげ)」をカラッと揚げたパティを使ったハンバーガーが食べられます。

肉厚なパティは表面がサクッと、中身はムギュッと弾力があり、噛みしめるとトビウオの芳醇な旨味が口の中一杯に広がります。屋久島産のジンジャーソースをメインで使った味付けもウマい!

燻製トビウオと茸のピッツァ

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル