top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ドライブ・マイ・カー』で、濱口竜介監督とともにカンヌ国際映画祭で日本映画 初の脚本賞を受賞した大江崇允による"映画の術"特集企画上映!

cinefil

『ドライブ・マイ・カー』(原作:村上春樹/監督:濱口竜介)が本年のカンヌで日本映画として史上初の脚本賞に輝いた時、濱口監督とともに同賞を受賞した者がいた。共同脚本、そして演出補として本作を現場で支えた大江崇允である。
世界の多くの人々にとっては新鮮な名前だったかもしれないが、卓抜した演出の才能を持った映画作家大江崇允という才能の在処を明らかにする特集上映が京阪神シネ・ヌーヴォを皮切りに元町映画館、出町座3劇場で開催されます。

濱口竜介監督より本特集にコメントをいただきました。

濱口竜介監督 コメント

『ドライブ・マイ・カー』で脚本を共同担当した大江崇允さんは、「僕はお守りみたいなもんです」と微笑みつつ、その場にいる。そんな人だった。実際『ドライブ・マイ・カー』撮影時にはよいことが沢山起こったが、それは大江さんのご加護によるものかもしれない(その精霊的なありようは、『かくれんぼ』の冒頭に当人がカチンコを持って現れる際に確認できる)。自身の監督する撮影現場でも大江さんはそうなのだろうか。どの作品からも、一筋縄ではいかない物語の端々から俳優たちの「演じる喜び」が溢れ出る。観ることを迷っている人にはまず『適切な距離』を勧めたい。大江崇允の才能に、今こそ驚くべきだ。

上映作品詳細

『美しい術(すべ)』

広告の後にも続きます

2009年/日本/90分

◎監督・脚本:大江崇允
◎撮影監督:三浦大輔◎撮影:櫻井伸嘉
◎出演:土田愛恵、森衣里、戸田彬弘

いつも不倫をしている無職の雨宮と、仕事で叱られてばかりいる公務員の太田。ある日、雨宮は太田の同僚である森谷と出会う。森谷が気になる雨宮だったが、森谷は太田が気になっていた。2009年にシネ・ヌーヴォで自主公開しリクエスト上映もされたデビュー作

★大江監督ひとこと紹介
映画を撮ること自体初めてで、「映画を撮るって何だろう」と考えながら撮っていたように思います。カット割すら理解が追いつかず違和感でした。とにかくカメラを俳優の前に置き続けることだけをやりました。本当に手探りで、撮ることを通して映画を知ったように思います。

『適切な距離』

2011年/日本/92分

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル