top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小学校の先生に聞いた、最近子供にウケている絵本が意外だった。

ホンシェルジュ

先日『せんせいって』という絵本を出された松下隼司先生(大阪市立豊仁小学校)と話す機会があって、ちょうどよかったからおすすめの絵本を聞いてみた。そうしたら「あ、ここで聞くとは思わなかった」という名前を聞いた。「漫☆画太郎」だ。マジ?

ももたろう…?

正しくは「ガタロー☆マン」だったんだけれど、独特のタッチと、この名前。「漫☆画太郎」の別名義であることは明らかだった。少し関連記事を調べてみたけれど、

やなせたかし目指し絵本作家デビュー

ということだった。(くわしくはオリコンニュースのこの記事をみてほしい)

で、松下先生におすすめされたのは『ももたろう』。こんな感じの表紙である。

著者ガタロー☆マン 出版日

この、柔らかくて細やかな描き込みの中に混じっている狂気。他でもない、漫☆画太郎の絵だ。

広告の後にも続きます

この細部まで描き込む絵柄は、絵本との相性はかなり良さそう。子供は絵に惹かれて、そのあと物語に惹かれる。ファーストインプレッションとして、この上ないイラストだと思う。

 

そして、一つ絵柄以外にも子供を惹きつける大きな特徴があって、それが「フレーズ」だ。

たとえばこれ。

誠文堂新光社HPより引用 誠文堂新光社HPより引用

「い…」

「ました!!!」

  • 1
  • 2

TOPICS