top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「モラハラ夫に怒鳴られ続け、腹痛に。強い薬でやり過ごそうとしたら、薬剤師が『あなたには売れない』」(愛知県・40代女性)

Jタウンネット

よくないとは思いながらも、体の不調をつい、市販の薬で誤魔化してしまう――そんな経験、ないだろうか。体調が悪ければ悪いほど、病院に行く気力がなくなってしまう、なんてこともある。

愛知県在住の読者・Mさん(仮名、40代女性)は20年ほど前、そんな状況に陥っていた。

当時、彼女は夫からひどいモラルハラスメントを受けていたという。

夫の暴言にさらされるうちに、彼女は腹痛に悩まされるようになった。

痛みを抑えるために服用していた胃腸薬もそのうち効かなくなり、彼女が頼ったのは市販の強力な下痢止め薬。大量に服用し、日々を過ごしていたそうだ。

広告の後にも続きます

彼女がJタウンネット宛に寄せたメールには、その薬をドラッグストアに買い足しに行ったある日の出来事が、綴られていた。

「あなたにはお売りできません」

20年近く前のことです。

まだモラハラ夫なんて言葉もなかった時代でしたが、私は夫からのモラルハラスメントのせいで、心も体もボロボロになっていました。

「お前のせいだ!お前が悪いんだ!」

と罵声を浴びせられ、無視もされる。そんな日々の中、「何もかも私が悪いんだ」と思うようになっていました。

そのせいか、私の身体は食べ物を受け付けなくなり、過敏性腸症候群になり、いつも腹痛に悩まされるように。どんな胃腸薬も効かなくなったので、誰にも内緒で、強力な下痢止めを大量に飲んでいました。

目立たずに薬を買える場所として、私が選んでいたのは大きな駅の中にあるドラッグストア。そこなら、きっと誰も客の顔を覚えていないだろうと思ったからです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル