「アジアNo.1」「世界一」を目指すなら高校野球も“国際基準”に合わせるべき
「アジアNo.1」「世界一」を目指すなら高校野球も“国際基準”に合わせるべき
打線の低調が敗因高校日本代表・永田監督は「永遠の課題」という、木製バットの対応について言及した 第12

打線の低調が敗因



高校日本代表・永田監督は「永遠の課題」という、木製バットの対応について言及した

 第12回BFA U18アジア選手権(宮崎)で高校日本代表は大会史上初の2連覇を逃した。過去2回の自国開催(1998年・大阪、2011年・横浜)では優勝を飾っていたものの、今回は“地の利”を生かすことができなった。9月10日、中国との3位決定戦を制して、何とか銅メダルを死守。来年に韓国で開催予定のU-18W杯の最後の出場1枠を獲得している。

 金メダル争いは今大会も「アジア3強」で繰り広げられた。韓国との一次ラウンドは5安打で1得点(敵失)、チャイニーズ・タイペイとのスーパーラウンドは2安打で1得点(犠飛)。攻撃力不足は明らかであった。木製バットは、反発力のある金属バットのようにはいかない。投手陣に目を向けると、先発と救援で2敗を喫した金足農高・吉田輝星はピンチでの「1球」の怖さを知ったという。とはいえ、ピッチャー全体では韓国戦は被安打3、チャイニーズ・タイペイ戦は被安打8と、実力を出し切ったと言える。だれが見ても、打線の低調が敗因であることは明らかであった。

 この点について、永田裕治監督は言及する。

「日本にとっては(木製バットは)永遠の課題ですけど、ルールの中で、短期間で(ベストの状態に)持っていかないといけない。(大阪)桐蔭の選手は木製を使う時期もあるようですが、(全体的に)もうちょっと、対応できたかな、と」

 永田監督は今年2月の高校日本代表の監督就任以来、センバツ甲子園、春の公式戦、夏の地方大会、選手権大会と、可能な限り球場へ足を運んで候補選手をチェックしてきた。

「選考もそういう(木製に対応できる)選手を選ぼうと言ってきたんですが……」

 思い描いた理想と、現実はかけ離れていた。毎年、高校日本代表チームは夏の甲子園大会閉幕から数日後に結成され、約1週間の調整を経て、大会本番へ入る過密日程となっている。

 隔年のU-18アジア選手権は毎回、8月下旬から9月上旬開催であるが、かつてU-18W杯は夏の甲子園期間と重複していたため、「高校日本代表」として出場することが難しかった。ところが、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は日本にぜひとも出場してほしいと、2012年から9月上旬に大会日程を変更した経緯がある。

 このスケジュールを動かすことは難しい。今回は8月25日に集合し、東京で3試合の大学生との練習試合(大学日本代表との壮行試合含む)、29日に宮崎入りし、31日の宮崎県高校選抜との壮行試合を消化して、9月3日に開幕した。

世界の野球を学ぶ機会を増やす必要性


 18人中17人が夏の甲子園に出場しており、いくら若さあふれる球児とはいえ、疲労がないと言えばウソになる。9月8日の練習に激励へ訪れた渡辺元智氏(前・横浜高監督)も、コンディションのピークは8月28日の壮行試合と分析し、以降は動きが悪くなってきたと指摘。短期決戦、しかも、不慣れな木製バットで状態上げていくのは厳しかった。

 来年のU-18W杯まで、任期2年の永田監督は「この時間の中でしないといけない。言い訳はできません」と話したが、現場としては与えられた条件で戦うしかない。日本高野連は11月に「技術・振興委員会」を開き、今大会の総括をするという。永田監督は同委員会のメンバーでもあり、今後の「高校日本代表」のあり方について、積極的に議論を展開してほしいものである。一つの提案だが、日ごろから木製バットで指導している大学、社会人、もしくはプロ野球の関係者を招へいし、その“コツ”を指導してもらう手もあると思う。

 しかし、指揮官からの口から気になる一言があった。

「けん制と、ストライクゾーンが、日本の野球とは違う」

 誤解をしてはならないのは「日本の野球とは違う」のではなくて、「これが国際基準」であることを理解しないといけない。極論を言えば、本気で「アジアNo.1」「世界一」を目指していくのであれば、日本の野球を、国際規格に合わせる必要があるということだ。これまで積み重ねた取り組みを覆すのは難しい作業となるが、「日本が基準」という考えは改めないといけない。甲子園を通じて吉田のルーティンであった「侍ポーズ」も「親善試合だからセーフ」「国際大会だからアウト」という発想ではなく、日本国内においても「アンリトン・ルール」を周知徹底していく必要があると思う。

 国際大会前だけではなく、世界の野球に精通した関係者の言葉には積極的に耳を傾け、学ぶ機会を増やすべき。そして、確固たるシステムを作り、次世代へ「正しい形」を継承していくことが重要である。

文=岡本朋祐 写真=田中慎一郎
(更新日:2018年9月12日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME