top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

視覚障がいのあるボランティアが語った東京2020大会の裏話

パラサポWEB

コロナ禍の中で開催された東京2020大会は、さまざまな人々によって支えられた。中でも一般市民が参加したボランティアの活躍は特筆すべき大きな力だったと言える。そんなボランティアの中に、実は障がいのある参加者がいたのをご存知だろうか? 今回は、視覚障がいの当事者で、東京2020大会のボランティアに参加した工藤滋さんと村松芳容さんのお二人に、活動への思いや不安、そしてそれはどんな体験になったのかをお話しいただいた。

※本記事は、日本財団ボランティアサポ―トセンターとのコラボレーション企画となります。

ボランティアのユニフォームが目印に!見ず知らずの人からかけられた温かい言葉

工藤滋さん ©日本財団ボランティアサポートセンター

そもそもボランティアの定義とは何なのだろうか。元々は「voluntas=意志」というラテン語から来る言葉だそうだ。つまり、そうしたいという「意志」を持って自ら無償で行う活動。無償だからといって、ほどほどにやっておけばいいというものではない。きちんと目的のためにひとりひとりが責任を持って活動することが要求される場だろう。そんな活動に障がいのある人が果たして参加できるのか? と考える人がいるかもしれない。

しかし、「多様性」が大きなテーマの一つであった東京2020大会では、ボランティアにおいても、「誰もが参加できる」が実現したのだ。

そんな中、「東京2020では、障がいのある人々がボランティア活動に参加しているということを、世界の人達に見てもらいたい」という動機で参加したと語るのが、筑波大学附属視覚特別支援学校 鍼灸手技療法科 教諭の工藤滋さんだ。

広告の後にも続きます

「ボランティアは、職業的に自立をしていて、生活や時間に余裕がないとなかなかできないと思うんです。すると、障がいがあってはできないものと思われがちですが、日本では視覚に障がいがあっても鍼やマッサージといった仕事があるので自立できる、ボランティア活動ができるんだと。僕が今回東京2020大会のボランティアを志望したのは、それを世界に発信したいというのが大きな理由のひとつでした」(工藤さん)

とはいえ、いざ参加するとなると、見知らぬ場所に行って、思うような活動ができるかどうか、多かれ少なかれ不安が伴うのは当然だ。しかしそんな不安を払拭するような、心温まる出来事があったという工藤さん。「会場には着替える場所がない可能性もありますし、荷物を少なくするため家からユニフォームを着て出かけるように言われました。東京2020大会の開催には反対意見も多かったので、ユニフォームを着ていたらボランティアだと周囲の人に知られて、何か嫌な思いをするんじゃないだろうかという不安は正直ありました。でも、最寄り駅に着いたらまず駅員に『ボランティアですか?』と声をかけられ、同じ地下鉄に乗っている人からは『僕はオリンピックでフィールドキャストをやってたんです。ボランティアはすごく楽しいし、感動しますから頑張ってください!』と励まされて、すごく嬉しかったですね。それからは安心してユニフォームを着て家を出ることができるようになりました(笑)」

実際に国民一人ひとりが、東京2020大会をどのように考えていたかは知るよしもないが、否定的な意見が聞こえてくることも多く、工藤さんの不安はもっともだ。それだけに、応援の声がことさら温かく響いたのだろう。

見えない人には分からない「あれ、これ、それ」の説明

村松芳容さん(左手前)photo by Takashi Okui

しかし、視覚に障がいがあると、たとえボランティアをしたいという「意志」があっても、自分ひとりではどうにもならないことがある。そのことにジレンマを感じたのが、静岡県の特別支援学校で教師をしている村松芳容さんだ。

「僕は2週間のボランティアのうち、前半は伊豆、後半は富士の自転車競技の表彰式で、ブーケ・ベアラー(運ぶ人のこと)、メダル・ベアラー、プレゼンターのエスコート、選手のエスコートの4つの役目を担う表彰式チームで活動を行いました」(村松さん)

この前半の1週間は、村松さんにとってはつらいものだったという。というのも、周囲には村松さんのような障がいのある人と接した経験があるボランティアがおらず、村松さんに何を任せて良いかわからない様子で、ボランティア同士のサポートが上手く機能しなかったようだ。本来は、健常者のボランティアが障がいのあるボランティアをサポートしながら、一緒に活動を行うことになっているが、障がいのある人のボランティア活動自体がこれまで少なかったため、こういったことが起きてしまったのだろう。結果的に村松さんは10ある仕事のうち1しか担うことができず、もしかしたら自分は人を助けるボランティアとしてきたのに、迷惑をかけているだけなんじゃないかと劣等感を覚えたのだという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル