top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

不動産屋さんへ内見に行ったら「あなたに見せる家はない」と帰らされた話

Pouch[ポーチ]

不動産屋さんへ内見に行ったら「あなたに見せる家はない」と帰らされた話


引っ越したい──。

そう思う理由は様々。仕事の関係、近所の問題、気分転換のためになんとなくなど。

私もそう思った1人。子どもが生まれて1LDKの狭さに限界を感じ、WEBで気になる物件を見つけ、不動産屋さんにアポを取り、当日を迎えたのですが……

「あなたに見せる家はない」

と帰らされてしまったです。

【不動産屋の店長「俺みたいになるな」】

広告の後にも続きます

私は、東京で引越しの経験が4回あります。今まで通りの流れなら「気になる物件を不動産に連絡→内見→契約→引越し」です。

しかし、内見もできず断られるとは……希望した家がダメだった? それとも私が何かした⁉︎

近所にある賃貸専門の不動産屋さん(店長)は、私が書いた希望物件とプロフィールの紙をじーっと眺め、こう言い始めたのです。

「この若さでね、家族で住む2LDK以上で家賃13万円くらいで借りたいならね……おれは賃貸を勧めないよ。都内でこの条件は確かにあるけどね、俺は家買ったほうがお得だと思っている。家を買うというのは年収も大事だけど、年齢も大事なんだよ、俺みたいになってほしくないんだよ」

【店長の後悔】

店長の事情を簡単にまとめると、「3人子どもがいて、家賃払うなら買えばいいなと気がついたが、年齢的にローン組むのが難しく、追い焚きのついていない賃貸に住み続け、早く買えばよかったと最近後悔している」とのこと。

隣で楽しそうに同棲する部屋を探しているカップルの隣で、店長の私情をひたすら聞き、我々は何も言えずに「ワカリマシタ」と帰ったのでした。

【そこまで言うなら…買う家を探してみた】

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル