top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

夢を諦めた、冴えない中年に共感。家族の成長と再生を描く。

BOOKウォッチ

ひとつ宇宙の下(朝日新聞出版)<amazonで購入>

 「家族って、ちょっといいかも」――。

 成田名璃子(なりた なりこ)さんの著書『ひとつ宇宙(そら)の下』(朝日文庫)は、「星バカ」の父、母、息子、それぞれに成長し、家族が再生していく物語。

 著者は「コロナ下でどの人にもより浮き彫りになったであろう、普遍の問いかけをテーマにした小説です」とnoteに書いている。

 「普遍の問いかけ」とは、「このまま人生を終えていいのか?」「何が自分の本当の幸せなのか?」というもの。当たり前が当たり前でなくなったいま、こう自問することは増えたかもしれない。

■主な登場人物
 井上亘    天文学者を諦めたサラリーマン。
 井上一華   天体観測に悲しい思い出を持つ妻。
 井上彼方   小学校でトラブルを抱える息子。
 伊丹じいさん 自宅に巨大望遠鏡を構える偏屈な老人。

こんな父親でいいのか?

 本書は4章構成。亘、一華、彼方、亘の視点から語られる。冒頭、亘は帰宅ラッシュの電車に揺られながら、もううんざりといった様子である。

 「遥か宇宙の彼方で、水素を燃やしつくして消えつつある恒星のように、自分もまた高炉で焼き尽くされ、地球の灰と帰しても、さほど未練はない」

広告の後にも続きます

 部長のご機嫌をとり、部下の顔色をうかがい、味気ない仕事を回す日々。帰宅し、風呂に入り、ろくに家族と話すこともなく、さっさと眠る。

 妻がいて、息子がいて、家に帰れば温かい食事がある。幸福を感じる瞬間はあるのだが……「サラリーマンなんてこんなもんだろ」とつぶやく。

 「この繰り返しが人生だ。人生。人が生きること。俺は本当に生きてるんだろうか。これが、生?」

 亘は大学で天文学を専攻し、大学院へ進み、研究に没頭した。卒業後は天文研究所に就職、または大学に残って助教、いずれ教授……のはずだった。ところが家業が倒産し、既定路線は突然消えた。

 いまでは、中途半端に人生最大の夢を諦め、いつまでも現実を受け入れられずにくすぶる「冴えないおっさん」になっていた。「こんな父親でいいのか?」――。

夜中の2時に家を出る

 ある晩、亘は一華から相談を持ちかけられる。

 「彼方よ。最近、夜中の二時くらいに、家を出てるみたいなの」

 亘と一華が尾行していくと、彼方は公園で望遠鏡を覗いていた。事情を聞くと、望遠鏡は”じいさん”のものだという。亘が彼方と”じいさん”の家へ行くと、それはプラネタリウムを思わせるドーム形の豪邸だった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル