top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

秋満喫きのこレシピ4選!鍋つゆや白だしで楽しもう【10月15日は、きのこの日】

たべぷろ

【材料】(2人分)
ホクト「霜降りひらたけ」 1パック
ホクト「カットブナシメジ 180g」 1パック
ホクト「エリンギ」 1パック
卵 1個
あさつき 適量
A ヤマキ「割烹白だし」 40ml
A 水 360ml

【作り方】

霜降りひらたけは小房に分ける。エリンギは縦3mm幅に切る。 鍋にAを入れて火にかけ、煮立ったら(1)とカットブナシメジを加えて煮る。 火が通ったら卵を溶いて回し入れ、フワッと浮いてきたら軽く混ぜて火を止める。 器に盛り、あさつきを刻んで散らす。

「エルゴチオネイン」が豊富なきのこで、生活習慣病&認知症を予防しよう!

エルゴチオネインは、強い抗酸化作用(体内で発生した活性酸素を除去する働き)を持つアミノ酸の一種。認知症予防や健康長寿、アンチエイジング効果も期待できると言われています。きのこなどの菌類や一部細菌のみが生成でき、特に霜降りひらたけやエリンギに多く含まれています。

味が染み込みやすく、肉厚でジューシーな「霜降りひらたけ」は、煮物など主役の料理にぴったり。「カットブナシメジ」は、サラダなどにも使いやすく、あと一品欲しい時にも重宝します。霜降りひらたけ、エリンギにはエルゴチオネインがたっぷり含まれています!

◇日本食糧新聞の2021年10月1日号の記事を転載しました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル