top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“女性はお茶くみ”の80年代に「自立した女性」体現した杏里の生き方

女性自身

“女性はお茶くみ”の80年代に「自立した女性」体現した杏里の生き方

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、あこがれていたアーティストの話。活躍する同世代の女性と一緒に、“’80年代”を振り返ってみましょう――。

 

「’80年代を象徴する女性アーティストとして、杏里さんを思い浮かべる人は多いはず。とくに、それまでとは異なった感性が注目された、’60年代前半~半ば生まれの“新人類”世代にとって、ドンピシャなのではないでしょうか」

 

そう話すのは世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(53)。

広告の後にも続きます

 

幼いころからピアノを習い、ユーミンや尾崎亜美のファンだったといわれる杏里は、その尾崎が手がけた『オリビアを聴きながら』(’78年)でデビュー。ロサンゼルスでレコーディングしたこととあいまって、本格派アーティストとして脚光を浴びた。

 

「デビューは16歳ですが、むしろ当時のほうが大人っぽく、“聴かせるバラード”の歌手としての印象が強くありました。それが’80年代に入ると、アップテンポでポップな『コットン気分』(’81年)、『CAT’S EYE』『悲しみがとまらない』(ともに’83年)と曲の幅を広げ、ヒット曲を連発するようになったのです」

 

注目されたのは、歌ばかりではない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル