top_line

停電でも炊きたてご飯が食べたい!鍋・ポリ袋・空き缶の3通りで炊いてみた

防災ニッポン

計量カップやはかりがない場合、以下の要領で、米と水が同じ容量になるようにします。
(1)研いで水を切った米を容器(ボウルやコップなどなんでもOK)に入れ、量のラインをチェックしておきます。

(2)容器から米を出したら、米と同じラインまで水を入れます。だいたい同じくらいになれば大丈夫です。

お鍋炊飯を食べてみた感想は?

炊きあがりはこんな感じです。

味は、炊飯器で炊くお米よりおいしいと思いました!粒が立ってふっくらしていました。

今回は、1合のお米を炊くのに、計量→研ぐ→浸水(30分)→炊飯(20分)→蒸らす(15分)で、合計1時間強かかりました。
「焦がしそう!」と思って早めに火を止めてしまったのですが、おこげも好きなので、もう少し火にかけても良かったなと思いました。火にかける時間はお米の量やお鍋のサイズによっても違うので、慣れないと見極めが難しそうです。

広告の後にも続きます

<関連する記事はこちら>
親子でパン作り!非常時でもミニマムな材料と道具で作れる「防災パン」

2ポリ袋湯煎調理で炊飯

続いて、湯煎調理可能のポリ袋を使ってお米を炊きます。
(参考:アイラップ公式ツイッターhttps://twitter.com/i_wrap_official/status/1301898820473688065

袋1枚でおにぎり1個分を調理します。複数作りたい場合は、必要な数だけ袋を用意してください。

ポリ袋で炊飯する手順

(1)米60gと水72gを湯煎調理可能のポリ袋に入れ(お米は研がなくてもOK)、口を縛ります。このとき、袋の空気を抜いて、余った部分をねじりながらなるべく上の方で縛るのがコツです。

(2)そのまま20分浸水させます。
(3)鍋の底に耐熱皿をセットし、お湯を沸かして(2)を入れます。
(4)お湯にポコポコと気泡があがる状態を維持しながら、20~30分加熱します。
(5)お湯から上げたら10分ほど放置して蒸らします。

※注意点
調理には、パッケージに「湯煎調理可能」と書かれたポリ袋を使用してください。また必ず鍋底に耐熱皿を入れてください。ポリ袋が鍋肌に直接触れると、ポリ袋の耐熱温度を超えて破損するなどの恐れがあります。

米と水の比率は「1:1.2」が基本です。
加熱中は、少し袋を持ち上げたり箸でつついたりすると、お米の状態が確認できます。

ポリ袋炊飯の食べてみた感想は?

でき上がったらお皿に乗せて、袋の結び目を切り落とします。お皿を覆うように袋を開いて食べるとお皿も汚れないので便利です。

袋の上から握ればおにぎりになります。食べるときにも手が汚れません。

芯が残ったり、ベチャッとしたりすることもなく、おいしく炊けました。炊飯器で炊いたお米と遜色ありません。

おにぎり1個分(米60g)を炊くのに、計量→浸水(20分)→炊飯(30分)→蒸らし(10分)で、合計1時間強かかりました。
でもポリ袋炊飯法だと、一つのお鍋で他のおかずも同時調理できるのがいいですね。また鍋と違って焦がす心配もないので初めてでも失敗なく取り組めました。

<関連する記事はこちら>
親子でパン作り!非常時でもミニマムな材料と道具で作れる「防災パン」

3空き缶コンロで炊飯

停電してガスもストップ。カセットコンロもない!というときには、空き缶でコンロとお釜を作ってしまいましょう。

空き缶でコンロとお釜を作る

空き缶2つ・アルミホイル・たこ糸を作ってコンロを作ります。油を吸わせたたこ糸に点火して使います。

空き缶コンロの作り方は、防災ニッポンのこちらの記事で詳しく紹介しています。
「ビールの空き缶で作った簡易コンロ 料理できる?」
https://www.bosai-nippon.com/article/1280

空き缶コンロでは、周りに置いた3つのパーツを五徳代わりにして、鍋などを乗せて使います。ただし今回はお釜にも空き缶を利用するので、このままでは乗せることができません。

そこで、このようにBBQコンロ用の網を乗せて、その上に空き缶のお釜を乗せることにします。

お釜用に空き缶をもう一つ用意し、缶切りで上フタの部分を切り取っておきます。

これで下準備は完了です。

空き缶コンロで炊飯する手順

(1)空き缶で作ったお釜に米60gと水90gを入れて、割りばしなどでかき混ぜてなじませます。

(2)アルミホイルを缶に密着させるようにかぶせてフタをし、20分ほど浸水させます。

(3)空き缶コンロに点火して、米を入れた缶を乗せます。沸騰後、10分ほど加熱すると炊きあがります。

今回は、火をかけて10分くらいで「ポコポコ」と沸騰する音が聞こえてきました。それから8分くらい経つと「パチッ、パチッ」という音に変わりました。そこから2分ほど待ち、中をのぞいて水がなくなったのを確認して火からおろしました。

(4)お釜の缶をひっくり返して、15分ほど蒸らしたら完成です。

<関連する記事はこちら>
親子でパン作り!非常時でもミニマムな材料と道具で作れる「防災パン」

空き缶コンロ炊飯の感想は?

中の状態が確認しづらく終始きちんと炊けているか不安感がありましたが、少しおこげが付いていて、味も問題なくおいしいです!音を聞きながらの炊き加減の見極めは難しいですね。

お釜の缶をそのままお皿代わりにしてもOK。縁が缶切りで切ったままギザギザなので、指や手などを傷つけないように気を付けてくださいね。

ちなみに使った網に汚れが残っていたからなのか、缶が黒くすすけてしまいました。食べても問題ない程度ですが、中のご飯にもほんの少しだけススが入ってしまいました。

1人分(米60g)を炊くのに、計量→浸水(20分)→炊飯(20分)→蒸らし(15分)で、合計1時間弱で炊飯できました。このほかにコンロやお釜を作る時間も必要ですが、20分くらいあれば作れます。
以前、(https://www.bosai-nippon.com/article/1280)空き缶コンロを作ったときはお湯を沸かすことができなかったので、空き缶コンロには火力が弱いイメージがあったのですが、今回の薄いアルミ缶では短時間で調理できました(前回はフライパンの底が厚すぎたのかなと思います)。

普段から色々な炊飯方法に挑戦してみよう!

3つの方法を試してみて、一番おいしくできたのは「1お鍋で炊飯」でした。
「2ポリ袋湯煎調理で炊飯」は、状態を確認しながら調理できるので失敗も少なく、他のおかずも同時調理でき、洗い物も少ないので、非常時に向いている調理法だと思いました。
「3空き缶コンロで炊飯」は、予想を裏切って短時間でおいしく炊くことができました。でもコンロから作るのはさすがに大変。カセットコンロをいつでも使えるように準備しておくのが良いと思いました。
どの方法でも、水加減や火加減、炊きあがりの見極めなどは慣れないと難しいと感じました。慌てないですむようぜひ平常時にいちど試してみてくださいね。

<執筆者プロフィル>
シマサキアヤ
フリーランスライター

<関連する記事はこちら>
親子でパン作り!非常時でもミニマムな材料と道具で作れる「防災パン」

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル