top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

停電でも炊きたてご飯が食べたい!鍋・ポリ袋・空き缶の3通りで炊いてみた

防災ニッポン


停電してしまったり、ガスが止まってしまったりというとき、家に生米があっても、炊飯器以外での炊飯方法を知らないと困ってしまいますよね。
今回は、電気やガスがなくてもおいしくご飯が食べられる方法を3つ試してみます。トライするのはこちらの方法。

1お鍋で炊飯
2ポリ袋湯煎調理で炊飯
3空き缶コンロで炊飯

あらかじめ結論をお伝えしますが、どのやり方でも、炊飯器で炊くのと同じくらい、もしくはそれ以上おいしく炊けました!平時に一度試しておけば、非常時にも慌てず調理できますよ。

こちらの記事もおすすめ!→買い物に行けなくても!キャベツだけあればできるレシピ3選

1お鍋で炊飯

電気は使えないけれど、ガスコンロが使える・カセットコンロがあるという場合に活用できるのがこの方法です。
(参考:大阪市ホームページ-「災害時の食の備え」https://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000248454.html

広告の後にも続きます

今回はこちらの15cmの片手鍋を使って、お米1合を炊いてみます。

ガラス製のフタを使うと中の様子が見えて便利です。
フタがあるお鍋があればベストですが、なければアルミホイルをかぶせてフタの代わりにします。

<関連する記事はこちら>
親子でパン作り!非常時でもミニマムな材料と道具で作れる「防災パン」

お鍋で炊飯する手順

(1)米を研ぎ、水を切ってからお鍋に入れます。
(2)鍋に分量(※)の水を入れ、しばらく浸水させておきます。
(3)鍋にフタをして強火にかけ、沸騰してグツグツしてきたらできるだけ弱火にします。鍋の中の水分がほとんどなくなったら火を止めます。
(4)フタをしたまましばらく蒸らします。

※お米と水の割合とはかり方
米1合=180ml(150g)に対して、水210ml(210g)が目安です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル