top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

箸が止まらない…!macaroni編集部員が本気でリピる「ごはんのお供」

macaroni

新米の季節!編集部員おすすめのごはんのお供

新米の季節を盛り上げる影の立役者。そう、ごはんのお供。定番の漬物や明太子はもちろん、最近はごはんが進む瓶詰めやふりかけがたくさん登場していますよね。

この記事では、食べることが大好きなmacaroni 編集部員が、愛してやまないごはんのお供を紹介します。どうぞお腹を空かせ、ほかほかのごはんを準備のうえご覧ください!

1. かねふくの「食べるラー油明太子」

macaroni 編集部 トレンド担当ディレクター/倉持
編集部きっての鮨マニア。大手回転寿司チェーンから都内高級店まで、週3回は寿司を食す。家でも握りの研究を欠かさず、My寿司下駄を持っている。インスタ(@harumochi98)では東京グルメを日々紹介中!

広告の後にも続きます

「我が家ではあえて買うことを禁止している、例のブツ。明太子で有名な『かねふく』が運営するテーマパーク『めんたいパーク』のお土産でもらったのが出会いのきっかけです。あまりのおいしさに夫と争奪戦になり、一日でひと瓶空けました。

商品名そのままに、明太子をラー油に漬けたものなのですが、アーモンド、フライドガーリック、フライドオニオンなんかも入った旨みの塊です。ごはん泥棒になる運命を背負って生まれてきたんでしょうね……。

カルディやオンラインでも販売されているのですが、あまりにごはんを食べすぎてしまうので、特別なときにしか買っていません。でも人におすすめしたい、ごはんのお供No.1!」

おすすめの食べ方は?

「ほかほかごはんの上にのせる、これにつきます。旨みの詰まったラー油が米をコーティング、明太子のぷちぷち弾ける食感……。それらを頬張る瞬間は、頭から“幸福”の文字がポンポンと飛んでいることでしょう。

おにぎりにも入れたいところですが、水分が多いのでクリームチーズと混ぜて粘度を上げるとよいかも?TKGに入れても間違いないし、パスタやそうめん、豆腐にサラダとなんでも合います!話していたら食べたくなってきたので、今夜は解禁してしまおうかな……」

2. おつけもの丸仁の「たけのこラー油きくらげ」

macaroni 編集部 企画ディレクター/福田
万年ダイエット宣言をしているが、おいしいものを目の前にするとストッパーが外れてしまう根っからの食いしん坊。家族は夫と小学生の息子に、2匹の姉妹ねこ。食器やキッチン道具が大好き。

「地元の有名なおつけもの屋さんの大人気商品です。はじめてお店を訪れたときに、店員さんにおすすめされて以来、すっかり大ファンに。

見た目は昆布の佃煮のようなのですが、昆布の代わりにきくらげと竹の子が入っていて、コリコリ食感がクセになるんですよ〜。

ちょっと甘め&ピリ辛な味付けとにんにくの風味が、食欲を刺激しまくりです!」

おすすめの食べ方は?

「炊き立てのごはんに卵黄を落として一緒に食べるのが最高!卵の濃厚な黄身が佃煮に絡んで、よりマイルドな味になります。卵と『たけのこラー油きくらげ』さえあれば、おかわりの無限ループ!

もちろん、おにぎりの具にしてもおいしいですよ。昆布の佃煮に飽きている人はぜひ一度、試してみてほしいです」

商品詳細はこちら|公式オンラインショップ

3. 仙台 伊達の牛たん本舗の「伊達の牛たんラー油」

macaroni 編集部 マネージャー/大河内
野菜ソムリエの資格を持つ健康オタクマネージャー。ヨガトレーニングを10年続け、ぶれない体幹を手に入れたが、通い続けたジムが閉鎖してから運動不足気味。体力不足が目に見えてきたので、筋トレやジョギングで適度に汗を流している。

「仙台土産としていただいた牛たんラー油。高級感のある瓶が特別な気分にさせてくれます。牛たんはもちろん、アーモンド、フライドオニオン、フライドガーリックなど、食感や旨みのアクセントとなる食材も入っていますよ。

特徴は、何といっても大きめの牛たんがゴロゴロ入っていること!贅沢な味わいで、忙しいときはごはんとこれだけでも十分なほど、満足感があります。おかずが足りない……というときにもとても役立ちますよ」

おすすめの食べ方は?

「おすすめの食べ方は、もちろんあったかいごはんにオン!ただ、辛いものがあまり得意でない私にとっては、そのままだと少し辛さが強いので、量を少なめにしたり、卵かけごはんに添えたりして食べています。

そのほかにも、サラダやパスタのトッピング、オムレツの具材などにもおすすめ。和洋中どんな料理にでも合うと思います。食欲の秋に、ごはんが進みすぎてしまう危険なひと品です」

商品詳細はこちら|公式オンラインショップ

4. 味噌本舗 やまだの「紀州金山寺漬ぜいたく三昧」

macaroni 編集部 ヘルス&ビューティー担当ディレクター/高崎
関西出身、寿司屋の娘。管理栄養士の資格を持つ。健康的な食生活を心がけているものの、仕事終わりのビールはやめられない。好きなものは、おいしいパンと素敵なうつわ。

「最後に渋めなチョイス、失礼します(笑)。奈良漬が入った金山寺味噌、その名も『ぜいたく三昧』です!先日、母が和歌山旅行のお土産に買ってきてくれたのですが、気に入ってしまいもう3度ほど自分で取り寄せています。

甘い味噌と歯応えの良い奈良漬が白いごはんに合いすぎます。酒粕がふわっと香る、“大人のごはんのお供”という感じ。それにしても、私の好みを熟知した母のお土産センス……さすがです」

おすすめの食べ方は?

「ほかほかごはんとの相性は言わずもがな、おにぎりの具にもぴったりです。しかし、それを凌ぐ勢いで好きなのが、クリームチーズと一緒にクラッカーにのせて、お酒のアテにする食べ方。ビールや日本酒がまぁ進むこと。お酒好きの友達が遊びにきたときにも、さっと出せて重宝しています。

ほかにもマヨネーズと混ぜて野菜スティックにつけたり、豆腐にのせたりして食べるのもおすすめです。常備しておけば何かと便利!」

商品詳細はこちら|公式オンラインショップ

日本人でよかった!新米の季節を堪能しよう

編集部員が愛してやまないごはんのお供をご紹介しました。どの商品もごはんとの相性はもちろん、いろんな料理にちょい足して、調味料のような使い方ができるのも嬉しいですね。

最後まで読んでくださった方はもう、炊き立ての白いごはんが食べたくて仕方がないはず。さぁ、とっておきのごはんのお供を準備し、思う存分新米を味わいましょう!

文/高崎瑞輝(macaroni 編集部)
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。

※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。

箸が止まらない…!「さんまのみじんたまり醤油和え」 【秋のごはん泥棒レシピ #1】

究極の明太子マニアの流儀!スーパーの明太子を何倍もおいしく食べる方法

あなたのお米の炊き方、時代遅れかも!新常識をマスターしよう【象印監修】

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル