top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アイスランドには家事を学ぶ学校がある…ドキュメンタリー映画『主婦の学校』/ 家事は生きることに直結する大切な作業だと教えてくれます

Pouch[ポーチ]

アイスランドには家事を学ぶ学校がある…ドキュメンタリー映画『主婦の学校』/  家事は生きることに直結する大切な作業だと教えてくれます


【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、世界で最もジェンダー平等の国と言われるアイスランドが舞台のドキュメンタリー映画『主婦の学校』(2021年10月16日公開)です。主婦の学校という名前だけど、男女共学。さまざまな家事とそれを学ぶ学生たちを追いかけた本作は、インテリアや料理などの北欧アイテムも登場しとっても素敵なのですが、何より生きるために大切なことは何かを教えてくれる映画なのです!

【物語】

1942年にアイスランドのレイキャビクに設立された主婦の学校。設立当時は、義務教育後に学びの機会を得られない女性たちのための花嫁学校でしたが、現在は男女共学になり、今を生きるための知恵と工夫と技術を学ぶ場所です。

1学期定員24名の小さな学校で、学生は寮生活を送ります。学習内容は、初歩的なお料理、おもてなし料理、衣類の洗濯法、お裁縫、アイロンのかけ方、テーブルセッティングから消火器の使い方など、理論と実技の両方を学び、毎日の食事も調理担当の学生が作ります。

そして、カリキュラムが半分を過ぎるころ、家族を学校に招待して、制作した作品の展示を見てもらい、家族にお料理をふるまうのです。

【いいお嫁さんになるために来たんじゃない】

広告の後にも続きます

北欧の素敵なインテリアや料理が出てくる映画でもありますが、私たちの生活で大事なことに気がつかせてくれる心地よくも魅力的な内容となっています。

この映画に登場する生徒たちは、女性が多いものの、卒業生には男性も多く卒業生のインタビューとして登場します。

また在校生のひとりが

「自立したいから、家事ができるようになりたい。よく “それはいいね、いいお嫁さんになれるね” と言われるけど、そんなの関係ないわ。だらしないお嫁さんになってもいいじゃない?」

この言葉に、今回の映画の大事なメッセージが詰まっています。彼女たちは結婚前の花嫁修業のためではなく、親元を離れても自立した生活ができるように、家事という技術を習得するために入学したのです。

【家事の学びはこんなにある!】

本作には、さまざまな家事の学びが登場し、生徒たちが悪戦苦闘しながら学習してく様子が映し出されています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル