top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京国際映画祭 正式出品『誰かの花』アジアの10人の監督に選出された奥田裕介監督インタビュー!初長編『世界を変えなかった不確かな罪』一日限りの上映&トークイベントも緊急開催!

cinefil

横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画『誰かの花』(奥田裕介監督)が、第34回東京国際映画祭「アジアの未来」部門にて正式出品されることが決定しました。
奥田裕介監督にとって、初の参加となる東京国際映画祭。会期が迫る10月21日(木)に、今回の映画祭出品記念として、監督の『世界を変えなかった不確かな罪』の上映が1日だけ代官山のシアターギルド にて開催されることとなりました。

東京国際映画祭『誰かの花』出品記念特別上映
奥田裕介監督長編デビュー作
『世界を変えなかった不確かな罪』 トークショー付き上映会

10月21日(木) 19:00~
代官山シアターギルド にて開催

映画終了後 トークイベント開催
奥田裕介監督
富岡英里子(出演者)
三森麻美(出演者)

<監督、出演者のトークあり>世界を変えなかった不確かな罪

広告の後にも続きます

この度、シネフィルでは今回の東京国際映画祭初出品となる奥田裕介監督に、緊急に質問を投げかけ、現在のお気持ちなどを答えていただきました。

奥田裕介監督

奥田裕介監督Q&A

まず、自己紹介をお願いいたします

神奈川県出身の奥田裕介です。
18歳の時から自主映画を撮り始めて、映画やドラマの現場で助監督や制作部をやりました。
あまり優秀なスタッフではなかったので、続かなくて自主映画をまた撮り始めて、2017年に念願の劇場公開デビュー作を撮ることができました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル