top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「子煩悩」と「イクメン」は違う?子煩悩な父親の特徴とは

ママテナ

「子煩悩」と「イクメン」は違う?子煩悩な父親の特徴とは(C)ママテナ 育児中の母親にとって、子煩悩な父親は頼りになる存在です。大変な子育てを共有できる相手が身近にいれば、助かるでしょう。子煩悩と聞いて、子ども好きとは何が違うのか疑問を感じるかもしれません。詳しい意味や、子どもに与える影響などを紹介します。

子煩悩の意味とは?

子煩悩は良い意味で使われることが多い言葉です。子どもに関することだとは分かっても、どんな状態のことなのか、いまいちよく分からない人もいるでしょう。詳しい意味やイクメンとの違いを解説します。

自分の子どもをかわいがること

子煩悩は「子」と「煩悩」を組み合わせた言葉で、子はそのまま子どもの意味です。煩悩は仏教用語で、人を惑わす欲望を意味し「子どものことが気がかりで、冷静でいられない様子」が語源とされます。

子どもが大事で、よくかわいがる様子を表して使うことが一般的です。女性よりも男性に対して使われることが多く「子煩悩なパパで、うらやましいわ」というように褒め言葉として使われることが多いでしょう。

気分に応じて子どもをかわいがる場合、子煩悩とはいいません。子どもに関心があって、一緒に過ごす機会を積極的に求めるパパを、子煩悩と呼ぶのです。

イクメンとどう違う?

イクメンは、子煩悩と似たような意味がある言葉です。「積極的に育児をする男性」を指して使われています。子煩悩よりも新しい言葉なので、聞いたことがある人も多いでしょう。

子どもと遊ぶだけでなく、おむつ換えや洗濯など、母親とほぼ変わりなく育児をこなす場合に使われることが大半です。母親が不在時も、問題なく子どもの世話ができるような男性を指して使われます。

頼まれたことだけ、渋々こなしているという場合はあてはまらず「育児に自主的に関わる姿勢」がないと、イクメンとは呼ばれづらいでしょう。

うらやましい!子煩悩な父親の特徴

子煩悩な父親がいる家庭は、そうでない父親がいる家庭から見ると「うらやましい」と感じさせることが多いでしょう。具体的に、どんな特徴があるのか紹介します。

家族を大切にしている

子煩悩な父親は家族と一緒に過ごす時間が好きで、家族を大切にします。子どもだけをかわいがるのではなく、妻や両親などにも優しく接する特徴があるでしょう。

家族のためになることであれば、何でもやってあげたいと感じ、実際に行動できるタイプの人が少なくありません。家族の誕生日や記念日なども積極的に祝おうとしますし、休日に家族とどうやって過ごすかを楽しみにしています。

妻や子どもたちの存在を心の支えにしているので、待ち受け画面を子どもの写真にしたり、仕事場のデスクに家族の写真を飾ったりしているのも子煩悩な父親あるあるです。

仕事後も子どもとの時間を作る

広告の後にも続きます

家族を困らせないように、仕事をきっちりとこなす一面がありながら、仕事を終えたら「なるべくはやく家に帰りたい」と思っている男性も、子煩悩なタイプにあてはまります。

家で家族と過ごす何気ない時間が好きで、日中の仕事の疲れを子どもの笑顔で癒したいと思っているのです。職場での付き合いをほどほどにし、できれば二次会などには参加したくないと思う人もいます。

帰宅後に子どもが寝ていると残念に感じ、一緒に過ごす時間を増やすために「明日はもっとはやく帰ろう」と自然に思えることが特徴です。

疲れていても子どもと遊んだり、お風呂に入れたりする時間を楽しもうとします。時間を作れなかった場合は、妻に日中の出来事を聞くなどして、様子を知りたがるでしょう。

家事や育児に積極的

子煩悩な人は自分の手が空いているときに、家事や育児などに積極的に関わろうとしてくる特徴があります。予定のない休日は、妻は夫からの「何か手伝おうか?」という言葉を頻繁に聞くでしょう。

手伝う内容も多岐にわたり、子どもと遊ぶだけでなく買い物や掃除なども、積極的に担当することが少なくありません。何かをしてほしいと頼んだときは、嫌な素振りを見せずに行動してくれます。

頼まれないときでも、家庭で困っていることがないか積極的に知りたがり、対応しようとするでしょう。家族が喜ぶ顔を見たい一心で、ついつい頑張ってしまうのです。

どんな男性が子煩悩になる?

誰もが子煩悩な父親になるわけではなく、生まれ持った性格や、育った環境などによるところも大きいといえます。どんなタイプの人が子煩悩になりやすいのか、見ていきましょう。

子どもが好き

自分の子どもだけがかわいいのではなく、ほかの家の子でも親切に接する男性は子煩悩になりやすいといえます。そもそも、「子どもと関わること」が得意だったり、好きだったりする性格の持ち主の場合が多いでしょう。

よくあるのが、年の離れた弟や妹がいて、一緒に遊んだり、独身時代から友人の子どもを構ったりすることが好きというパターンです。小さな子への接し方が分かっていて、周囲から信頼される特徴もあります。

生来の資質である場合、自分の子どもが誕生したことをきっかけに子どもと関わる機会が増え、子どもと過ごす時間が好きであると自覚するケースもあるでしょう。

面倒見がいい

人の面倒を見ることが好きなタイプの男性も、子煩悩になりやすく、自然と子どもの世話を焼いていることが少なくありません。職場の同僚や部下などに対しても面倒見が良く、信頼されているでしょう。

人と関わるのが苦痛だと感じる人よりも、困っている人を見ると積極的に何かしてあげたいと感じる人の方が、子煩悩になりやすいといえます。

自分よりもずっと年下の子どもの面倒を見ることは、あたりまえだと自然に思える性格なので、嫌がらずに世話ができるのです。

責任感がある

責任感がある男性は子どもに対し、きちんと接しようとします。無責任な人は気分が乗ったときしか遊ばなかったり、約束を破ったりするでしょう。

子煩悩な人は単に優しく接するだけでなく、子どもに正しい知識を教えようとしたり、間違っていることを正したりもします。甘やかすばかりではなく、健やかに成長できるように考えて、行動することが少なくありません。

子どもの世話は、責任感が備わっていないとできないことです。「子どもを守ろうとする責任感」が、子煩悩な様子につながっていくと考えられます。

子煩悩な父親が家庭に与える影響って?



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル