top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

全世界待望のアクション超大作待望の新章公開に向け、キアヌらキャスト陣が『マトリックス』を語る特別映像解禁!『マトリックス レザレクションズ』

cinefil

全世界で空前の社会現象を巻き起こした伝説のアクション超大作『マトリックス』の新章『マトリックス レザレクションズ』。この度、日本での公開が12月17日(金)に決定した!なんと全米公開の12月22日に先駆けての公開となり、日本のファンにとってはひと足早いクリスマスプレゼントとなりそうだ。なお、本作は現在IMAX®、Dolby Cinema™での上映も早々に決定しており、まさに『マトリックス』新章にふさわしい圧巻のスケールで堪能することが出来る。

◆公開を待ちきれないファンやメディアから、新章への考察が続々登場!

1999年、1作目が公開されるや、これまで誰も観たことが無い未曾有の映像体験で世界中を熱狂させた『マトリックス』。我々の生きるこの世界が、実は仮想世界であるという衝撃的な設定。アクション映画の概念を塗り替えた超絶アクション、緑にきらめくマトリックス・コード、クールでかっこいいネオとトリニティーのルック、斬新な映像と撮影手法、VFXとカンフーの組み合わせや、日本のアニメから影響を受けた異文化的斬新なアクションなど、その衝撃は今も人々の脳裏に焼き付いている。そして映画の域を超え、映像/カルチャー/クリエイター/概念等、今日我々が目にする様々なものが『マトリックス』からの影響を受けているといっても過言ではない、まさに映像革命を起こした作品だ。

全世界が待ち焦がれた新章となる『マトリックス レザレクションズ』は、そんな伝説の1作目の続編として物語が展開。ネオやトリニティー、仮想世界=マトリックスはどうなっているのか?いまだ謎多き新章について、現在WEBメディアやSNS上では、考察記事や【#マトリックス考察】に代表される考察ツイートが連日投稿され、盛り上がりを見せている!
「新章のネオは、赤いカプセルではなく青いカプセルを飲み、仮想世界の存在を知らないまま年を取った姿では?」「鏡に映る別人のようなネオは、かつてのエージェント・スミスなのでは?」「仮想世界=マトリックスは再構築されているのでは?」「トリニティ―はまだ目覚めていない救世主なのでは?」など、先日解禁された予告編映像から様々な考察が飛び交っている。

メガホンを取るのは、『マトリックス』シリーズの生みの親であり、シリーズ全作品を監督しているラナ・ウォシャウスキー。彼女以外に務まる者はいない。本作でも最新のVFXによって創り出される現実と見紛う仮想世界と、まるで悪夢のような現実世界、そして数々の画期的な発明によって撮影されたアクションシーンなど、『マトリックス レザレクションズ』でしか見ることのできない唯一無二の映像革命を見せてくれる。

広告の後にも続きます

果たして本作では、我々にどんな“未来”を見せてくれるのか!?『マトリックス レザレクションズ』は12月17日(金)より全国公開!

◆『マトリックス レザレクションズ』ムビチケ発売もスタート!

ついに12月17日(金)日本公開が決定した本作から、ムビチケが登場!ムビチケカードのデザインには、黒い背景に緑色の文字が流れる、作品を象徴する印象的な「マトリックス・コード」を採用。来るべき公開に備えてぜひゲットしてほしい!
<ムビチケカード発売概要>
■価格:一般1,500円(税込)
※詳細情報は映画公式サイトをご覧ください。
matrix-movie.jp

©2021 WARNER BROS. ALL RIGHTS RESERVED

◆本作に出演する豪華キャスト陣が『マトリックス』の衝撃を振り返る、特別映像も到着!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル