top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

視聴者が悲鳴!東野幸治「あらびき団」が関西で放送されなかったワケ

アサ芸Biz

 10月14日、東野幸治藤井隆がMCを務めるバラエティ番組「あらびき団」(TBS系)が放送された。同番組には今回も、クセのある芸人が多数出演し、ネットを沸かせることとなった。

「『あらびき団』は、荒削りな一芸を持ったパフォーマーを紹介するネタ番組です。今回は、マヂカルラブリー、ニッポンの社長、ハリウッドザコシショウ、友近など様々な芸人が出演。人気お笑い番組が久々に復活したということで、ツイッターなどでもトレンド入りする盛り上がりを見せました」(テレビ誌記者)

 そんな「あらびき団」は、07年から11年にレギュラー放送された後、たびたび特番として放送。そして今回、約3年ぶりの放送となったのだが、関東ローカルだったため、ネット上ではお笑いファンから不満の声が殺到したという。

「この日、SNSで『あらびき団』の話題が盛り上がる中、関西の視聴者からは『テレビ付けたらやってなくて絶望した!』『また関西だけハブられてて泣きそう』『なんでいつも関西はやってくれないの?』などと悲しみの声が相次ぎました。同番組は数年前まで、関東で年末に特番を放送していましたが、9月24日放送のラジオ番組『東野幸治のホンモノラジオ』で東野が明かしたところによると、関西ではその時間、バラエティ番組『オールザッツ漫才』(毎日放送)をやっていることから、放送されなかったのだとか。今回は平場であるものの、やはり番組編成の都合上、リアルタイムでの放送は難しかったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

広告の後にも続きます

 放送後、同番組は動画サービス「TVer」で配信されたものの、リアルタイムで共有したいと願う視聴者が多かったようだ。

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

TOPICS

ジャンル