top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「バス停で私の前に停まった軽バン。知らないオジサンが助手席から『乗るんは怖ぇじゃろうけ』と言って…」(岡山県・30代女性)

Jタウンネット

「事あるごとに子供達にあの日の話をしています」

岡山県の読者・Kさん(30代女性)から、Jタウンネット編集部宛にそんなメールが届いた。

「あの日のこと」とは、彼女が高校3年生だった時の出来事だ。

卒業を目前に、車の運転免許取得を目指していたKさんは、授業の後に自動車教習所にも通っていた。

ある夜、教習を終えた彼女が帰りのバスを待っていると、冷たい雨が降ってきた。

バス停には屋根も椅子もなく、バスが来るのも一時間に一本。

広告の後にも続きます

次の便が来るまでこのまま雨ざらしか……と思っていたKさんの前に、一台の軽バンが停車した。

雨の降るバス停で、傘もなく……

高校の卒業前の、雨が降る寒い夜のことです。

当時、私は運転免許を取得する為に、学校が終わった後は教習所へ通っていました。

いつもは教習所の専用バスで通っていましたが、その日は「夜間教習」だったので、終わった頃には帰りの専用バスの運行もすでに終了。しかたなく公共のバスで帰ることにしました。

ただ、私が乗るバスは1時間に1本しか来ません。

おまけに、バス停で待っていると雨がポツポツと降り出しました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル