top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

J3福島、0-3敗戦扱いが取り消しに。JFAが結論「落ち度を強く責めることはできない」

フットボールチャンネル

J3福島、0-3敗戦扱いが取り消しに。JFAが結論「落ち度を強く責めることはできない」

 J3の福島ユナイテッドFCは14日、日本サッカー協会(JFA)に対する不服申し立てが一部認められたことを発表した。

 福島は、5月16日に開催された明治安田生命J3リーグ第8節のヴァンラーレ八戸戦で、2-0の勝利を収めていた。しかしJリーグは、福島がこの試合に新型コロナウイルスの指定公式検査において陰性判定を得ていない選手を出場させたと判断。JFA懲罰規定による「出場資格の無い選手の公式試合への不正出場(未遂を含む)」に該当したとして、0-3の敗戦扱いにしていた。

 一方で福島は、八戸戦において当該選手はJリーグによるエントリー可能者リストには含まれていなかったが、リストに含まれていなくとも陰性判定証明ができれば出場可能であるという旨の発言がマッチコミッショナーからあり、陰性結果を提出してマッチコミッショナーの認可を得た上で当該選手が試合に出場したと主張。8月18日にJFAに意見書を提出した。

 福島の主張が受け入れられ、0-3の敗戦扱いは取り消しに。150万円の罰金という形で決着をつけることになった。

 JFAの不服申立委員会は、「必ずしもJリーグに参加する各チームやマッチコミッショナー間で徹底されているようには思われない現状に照らすと、不服申立人の側の落ち度をあながち強く責めることまではできないものと認められる」とし、敗戦扱いの懲罰が重すぎると判断。150万円の罰金については、「手続の懈怠(けたい)等の落ち度があったこともまた事実であるから、再発を防止するためにもある程度重い懲罰を科すことが相当であると思料する」とした。

広告の後にも続きます

 福島の鈴木勇人代表取締役社長は、「この度の不服申立に対して慎重かつ公平に審議を賜り、原懲罰の一部取消しの決定になったことに対して正直ほっとしております」と声明を出し、周囲のサポートに感謝を示した。その上で「クラブの不備によって起因した問題であり、事実に対して真摯に向き合い、再発防止だけでなく、クラブ体制の充実と地域の発展のためにこれからも全力で取組んでまいります」と述べている。

 さらに「先に処分が科されたマッチコミッショナーの方々は、これまで常に平等にクラブに寄り添いながらリーグの発展に尽力されてきた方々です。是非とも以前のように現職に戻して頂けるよう切に希望いたします」とも記した。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル