top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

悩む声多数 「尿漏れ」の原因・治療・予防法 改善方法はある? 医師が解説

オトナンサー


「尿漏れ」の予防法は?

 朝晩涼しくなる季節、「尿漏れ」が気になる人も増えてくるようです。くしゃみやせきをした瞬間など、腹部に圧力がかかる場面で尿漏れを覚える人が多く、ネット上では「尿漏れが嫌で、水分取るのを控えています」「パッドが欠かせない」「薄い色のズボンがはけない」「40代に入ってひどくなった」「恥ずかしくて病院に行きにくい」など、さまざまな声が上がっています。尿漏れの原因や治療法について、医師の尾西芳子さんに聞きました。

腹圧性、切迫性、機能性など

Q.そもそも、尿漏れとは何でしょうか。

尾西さん「尿漏れ(尿失禁)は自分の意思とは関係なく、尿が漏れ出てしまう症状です。尿失禁は原因や症状によって、いくつかの種類に分類されます。代表的なものは以下の通りで、性別によって、原因や症状が異なる場合があります。

腹圧性尿失禁:くしゃみやせきなど、おなかに力が入ったときに尿が漏れてしまう
切迫性尿失禁:急に尿意を催し、その瞬間に漏れてしまう
溢流(いつりゅう)性尿失禁:自分で尿を出したいときには出ないのに、意図せず、少しずつ漏れてしまう
機能性尿失禁:排尿機能には異常がないけれども、歩行障害や認知症で、きちんとトイレで排尿できない

広告の後にも続きます

なお、寒くなると、ぼうこうの筋肉が収縮することや、あまり汗をかかないために体内の余分な水分量が増えることなどから、尿量が増えたり、尿漏れが起きやすくなったりします」

Q.性別による違いとは。

尾西さん「腹圧性尿失禁は圧倒的に女性に多く、2000万人以上(女性の4割)が悩んでいるといわれています。加齢や出産で、骨盤の底の筋肉が緩んで発症します。切迫性尿失禁は、女性の場合は加齢や出産によって骨盤底の筋肉が緩んで、ぼうこうや子宮が下がる骨盤臓器脱などが原因になりますが、男性の場合は前立線肥大症が原因となります。

切迫性尿失禁は男女ともに、脳血管障害などによって脳からの指令がうまく出なくなったときに起こる場合があります。溢流性尿失禁は男性に多く、前立線肥大による影響が大きいと考えられます」

Q.尿漏れを起こしやすい人の特徴を教えてください。

尾西さん「加齢による原因が大きいですが、若い人でもダイエットで骨盤底の筋肉が弱くなったり、逆に、太りすぎで骨盤底に負担がかかったりすると、尿漏れを起こしやすくなります。また、マッサージ師など腹圧のかかる仕事をしている人に発症しやすいのが特徴です」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル