top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

加藤浩次「いじられ方の問題」群馬県知事の法的措置検討に反論

Quick Timez

画像:時事通信フォト

先日発表された「都道府県魅力度ランキング」に対し、群馬県知事・山本一太氏が法的措置を検討していることを特集した14日の「スッキリ」(日本テレビ系)。

すると、加藤浩次さんが山本氏へ反論する出来事がありました。

加藤浩次、山本一太氏の『法的措置検討』に反論「いじられ方の問題」

14日、先日発表された「都道府県魅力度ランキング」を特集した「スッキリ」(日本テレビ系)。

広告の後にも続きます

すると、MC加藤浩次さんが下位だった自治体の盛り上げ方について持論を述べるシーンがありました。

先日、発表された「都道府県魅力度ランキング」。

すると44位に転落した群馬県知事・山本一太氏が「法的措置も検討」とランキングに不快感をあらわにし、その対処方法が波紋を呼びました。

これに対しフリップを用意して「極めて狭いコンセプトで魅力度という名前を使っているのがおかしい」、「統計学的には7点は誤差の範囲」などと、同番組の取材に応じた山本氏。

しかしランキングの「ずさん」さを力説する山本氏の姿に、加藤さんは「群馬のいいところってみんな知ってて、ランキングにするってことは線引きをしなきゃいけないってこと」、「みんなあれで楽しんでるんだよね」と反論。

ただその一方、「ランキングの難しさってどうしてもありますよね」と頭を抱えました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル