top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

この人たちがママンを探してくれる。迷子の子象、人間たちの後をついていき、家族と再会

カラパイア


 インドで家族とはぐれてしまった1頭の子象が森林局の職員に保護された。職員らはゾウの家族を探し出そうと捜索活動を開始。

 子ゾウは彼らを信頼し、彼らと行動を共にした。職員と歩調を合わせ、一緒に歩くその姿はなんともいとおしい。

 その甲斐あって、子象は母親と再会を果たすことができたそうだ。

家族とはぐれてしまった迷子の小象、人間と一緒に捜索活動

 南インド、タミルナードゥ州のムドゥマライ国立公園で、1頭の子象がさまよっている所を発見され、森林局の職員によって保護された。

 どうやら家族とはぐれてしまったらしい。そこで職員らは救助隊を結成、子象の家族を探し出すことに。子象ももこの捜索活動に加わった。

 彼らが自分の家族を探し出してくれるということがわかったのか、子象は彼らの後から、歩調を合わせてついてきた。

 母象もいなくなった子象を心配し、探し回っているに違いない。象の母親の愛情は揺るぎのないものだ。

 子象を連れながら捜索することで、発見する可能性も高くなる。職員らを信じ、ひたすらついてくる純粋無垢な子象の姿をみて、職員らは母親と再会させることをひたすら願っていた。

ついに家族を発見!子象は母親との再会を果たす

 ニルギリ山脈のふもとに位置するムドゥマライ国立公園は、インドゾウ、ベンガルトラ、インドヒョウなどが生息する広大な自然公園である。

 広い敷地内での捜索は困難かと思われたが、しばらくして職員らは大人の象の姿を確認。高台に上っていた小象もそれに気が付き、数分間立ち止まって、喜びの鳴き声を上げた。

 まさしくこの象こそが母親だったのである。

 子象は鳴き声を上げながら、母象の元へと駆け寄っていった。  母親と再会する姿は撮影されていないが、子象は母親と合流し、無事群れに戻っていったという。

 この動画をTwitterに投稿したタミルナードゥ州の環境・森林担当首席秘書官のスプリヤ・サフ氏は、「家族が再会できた心温まる出来事です、尽力してくれた職員に敬意を表します」とコメントした。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル