top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

愛を取り戻すために北斗の拳マンホールを見に行ってきた

カラパイア


 ようやく緊急事態宣言も明け、何かが足りないと思っていたところ、それは愛であることに気が付いた私は、愛を取り戻すために、長野県佐久駅前に設置されたという北斗の拳マンホールを見に行ってきたことだよ。

 日本のマンホール文化は世界的に注目されているわけだけど、樹脂プリントのフルカラーなのは珍しい。

 駅前周辺に北斗七星の形に配置されているので、下を見ながら探すわけだけど、その間に頭上から愛で空が落ちて来るかもしれないわけだし、気づいたら北斗神拳が伝承されてたりするかもなので、ワクワクしながらマンホールでGOだよ。

長野県佐久市で愛を取り戻す旅

友人の車で向かった先は、長野県佐久市にある北陸新幹線佐久平駅の蓼科口前だ。宇都宮からだと約2時間半くらい。

北関東自動車道と上信越自動車道を経由し、トンネルを何個もくぐって向かった先には北斗神拳伝承者たちが待っている。

さあ、佐久平駅に到着だ。とても空いているので今とっても穴場かも。

早速案内図で北斗七星型に配置されたマンホールの位置をチェックだ

北斗七星型に配置された北斗の拳マンホール

なぜこの地に北斗の拳のマンホールがお目見えしたかというと、原作者の武論尊さん(72)が佐久市出身だからだそうだ。

もともと、歩道上にあった7か所のマンホールを、北斗の拳仕様に替えたそうなので、うっかりしていると見過ごしてしまう。

いつも「上を向いて歩こう」と唱えているパルモだが、この時ばかりはずっと下ばかり見ながら探し回ったことだよ。

真っ先に見つかったのがケンシロウ

次にサウザー

ちょっと離れたところにあったレイ

ここからまた戻って反対側を探しにいく。
そして一番会いたかった人、ラオウの元へ

そしてトキ兄さんに合掌し

ユ~リア~!

最後にジャギに「おれの名をいってみろ!!」と吐き捨てるようにいいつつ、全員制覇

いろんなマンホールを見てきたけど、こんなに色鮮やかなマンホールははじめてだ。これどれくらい持つんだろう?色褪せたら張り替えるのかな?

ちなみに平日だったこともあり、ほとんど人はおらず、駅構内もノー蜜だ。エレベーターを上がるとお土産屋さんがあって、北斗の拳グッズが売られている。

「おまえはすでに舐めている」というキャッチフレーズに惹かれて飴を購入。

車で来るならおススメの釜めし

帰りの道中では、上信越自動車道(下り線)の横川サービスエリア名物、荻野屋の峠の釜めしで、お腹の愛は満たしてきた。

この釜めしの上にはやわらかくて甘酸っぱいあんずと、ホクホクの栗が乗っていて、とてもおいしいのでござる。横川サービスエリアに行くならマストeatなのである。

釜めしだけで足りる自信はなかったので小うどんもつけたがこちらも美味。
ちなみに釜めしを食べ終わった釜はもらえるので、自宅で利用できるよ!

これですこしは私も愛を取り戻せたのかもしれない。

できれば等身大のラオウ様がいらっしゃって、ツーショット写真とかがとれれば、完璧に取り戻せた可能性はなきにしもあらずだ。

さて、次はどこに愛を探しに行こう。おススメの場所があったら教えてほしいな。できれば栃木県から車で行ける範囲のところで。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル