top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

圧巻のライブペイント。「アートパラ深川」キックオフイベント開催!

マイナビウーマン

来たる10月22日~31日に開催されるアートイベント「アートパラ深川 おしゃべりな芸術祭」。門前仲町・清澄白河・森下の深川エリアの街全体を使い、障がいのあるアーティストの作品を展示する市民芸術祭です。

芸術祭の開催に先立って10月14日に、富岡八幡宮にてキックオフイベントが行われ、マイナビウーマン編集部が参加してきました。

■魂が爆発する感動のライブペインティング

キックオフイベントでは、現代美術家の小松美羽さんが登壇し、特大絵馬へのライブペインティングを披露しました。

真っ白な袴姿で現れた小松さんが、さまざまな色の絵の具を使って描いていく姿は圧巻の一言。

広告の後にも続きます

絵の具のチューブから直接描いたり、指を使って伸ばしたり、時にはチューブの裏側で絵の具を引っ搔いたり……。真っ白な袴をカラフルに染めながら、さまざまな手法で描かれた特大絵馬は、生命力の満ち溢れる作品となりました。

ライブペインティングは神事の際しか行わないという小松さん。今回も神社を舞台に、神聖なパフォーマンスを行ってくれました。

特大絵馬には、赤い結界の上に、不死鳥が羽ばたく姿や、エネルギーがぶつかり合う様子が描かれており、真ん中の円には、「人々の心が癒されて、点と繋がって平穏に暮らせるように」という、小松さんの祈りが込められています。

■1,300人の思いが詰まったアート絵馬神輿への御霊入れ

今回のキックオフイベントの2つ目の目玉となるのが、「みんなのアート絵馬神輿」への御霊入れ神事。

「みんなのアート絵馬神輿」は、江東区在住の1,300人の障がいのある方によって描かれた絵馬の一部が展示された神輿で、神輿の本体も芸術祭実行委員のメンバーで制作した大作。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル