top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サスペンス漫画『ガンニバル』が柳楽優弥主演・片山慎三監督(『岬の兄妹』)で実写化 「Disney+」ドラマラインナップ

ガジェット通信

ウォルト・ディズニー・カンパニーが今後のラインナップやオリジナル作品について発表する「APACコンテンツショーケース」を、10月14日に開催。ドラマコンテンツをご紹介します。

人気コミック『ガンニバル』のドラマ化プロジェクトが発表され、主演の柳楽優弥さんのスペシャルメッセージが披露された他、世界的巨匠ポン・ジュノ監督がその才能を認めた片山慎三監督(『岬の兄妹』)と、先日カンヌ映画祭で脚本賞を受賞した大江崇允さん(『ドライブ・マイ・カー』)が登壇し、プロジェクトへの意気込みを語りました。

「お話をいただいてから原作を読んで一気に読んでしまいました。回を追うごとに主人公の大悟と大悟の周辺の人間ドラマが濃く描かれていて。彼らのトラウマだったり、物語がどう変化していくかに注目して欲しい」(片山監督)、「アクションやホラーともまた違う、僕らが生きている日本をえぐる様な話だと思うので、丁寧に描いていきたいです。守りたい気持ちと守りたい気持ちがぶつかった時に、悲劇が生まれるのではないかと思う」(大江さん)。

イベントの最後には、人気エッセイのドラマ化が決定した『拾われた男』から、原作者の松尾諭さん、主演の仲野太賀さん、草彅剛さん、伊藤沙莉さんがサプライズで登壇。

「松尾さんの原作で、ディズニーとNHKと一緒に作るというドラマで、自分に話が来るのが不思議な気持ちです。これから撮影が始まるのですが、松尾さんに怒られない様に頑張ります」(仲野)、「松尾さんからは以前より“やって欲しい役がある”と言われていて。…先生から直々に(笑)。その役が奥さんという重要な役柄で、原作の世界観を壊さない様に演じたいです」(伊藤)、「松尾先生から役をいただきました、草なぎです。本を読ませていただいて、グッとくる内容が多かったので」(草なぎ)とそれぞれコメント。

広告の後にも続きます

「正直な所、浮かれております。浮かれるとろくなことが起きないので、浮かれない様にしているのですが…もう浮かれています。太賀くんは大好きな俳優さんなので、僕のことはあまり気にせずのびのびやっていただきたいです」(松尾)と興奮が隠しきれない様子。「縁とか運命を強く信じられる、力強い作品になると思います。松尾さんがこれまで感じられてきた、ささやかな幸せとか悔しさとかが詰まっている本なので、ドラマでも余すことなく表現したいです」(仲野)と最後に意気込みを語りました。

その他の、見放題独占配信作品の発表は以下のとおり。

・TBSとの特別な取り組みによって実現した『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』。受賞歴がある俳優の鈴木亮平と賀来賢人が出演する医療ドラマを配信。

・韓国のトップ俳優チョン・ヘインとブラックピンクのジスが出演するロマンティック・メロドラマ・シリーズ『スノードロップ(原題)』。2019年にメガヒットを記録した韓国ドラマ『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』のクリエイターたちが生み出す若いカップルのハートウォーミングなストーリーで、今年最も期待されるドラマのひとつ。

・韓国のエリート・ポリス・アカデミーを舞台にした青春ロマンティック・シリーズの『ルーキーズ(原題)』。K-POPアイドルのカン・ダニエルがドラマ・デビューを飾ります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル