top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

全農レシピ「柿は焼いてもうまい」に大反響 「焼いているときも甘い香り」

ニュースサイトしらべぇ

農林水産省によると2019年、全国の柿の収穫量は約20万トンで前年並みとなった。都道府県別の収穫量割合は、和歌山県21%、奈良県15%、福岡県8%と続く。そんな中、全農広報部が「柿は焼いてもうまい」とSNSに投稿し話題となっている。

【画像】贅沢スイーツに変身ツイート


■カスタードみたい

公式Twitter上には、「もっとはやく知りたかった!ヘタ部分を切り落としてトースターで10分ほど焼くだけ。カスタードみたいにとろっとした甘さが楽しめる」などと投稿。

担当者は、しらべぇ編集部の取材に対して「バターを乗せると、焼いている最中からまるでスイーツのような香りが漂ってくる」と話す。また、バターをあと乗せすると、じゃがバターのような感じになるそうだ。ブルーチーズ乗せは、甘酸っぱい食感を楽しめるという。


■返信欄に書かれたアイデアを検証

「焼き柿は、柿革命2.0を通り越して3.0の世界だった」とその衝撃度についても語る。焼き柿は、全農広報部のアカウントで柿についての投稿を行った際に、返信欄に書かれたアイデア。その後、担当者がいろいろと調べ検証し、今回の投稿にいたったという。

広告の後にも続きます

柿が健康面や美容面でもたらす効果は、大学をはじめ、さまざまな研究機関でも証明されており、世界的にも柿の素晴らしさが認知されはじめている。

■精神的な満足感も

日本では少なくとも平安時代から食品として親しまれてきた柿。栄養素として含まれているビタミンC、ビタミンA、カロテノイド、ポリフェノールは「抗酸化力」を発揮する。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル