top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

江戸時代の農民も実は名字を持っていた!

BOOKウォッチ

名字の歴史(宝島社)<amazonで購入>

 NHKの人気番組「日本人のおなまえ」でおなじみの姓氏研究家・森岡浩さん監修の『名字の歴史』(宝島社)が刊行された。


 名字については大きな誤解がある。多くの庶民が名字を使うようになったのは明治維新以後と理解していた人が多いだろう。だが、それは間違いだという。室町時代から多くの庶民が名字を持っていたと知り、驚いた。

 なぜ、そのような間違いが長く信じられてきたのか。本書を読み、理解することができた。ひと口に農民といっても、さまざまな階層に分かれていた。各地域の農民の上に立って取りまとめていた階級が「庄屋」や「名主」だが、これらの人々は元々武士だったという人が多い。

 「関ケ原の戦い」を境に、敗れた西軍の人たちの多くが武士であることをやめて、農民として暮らすようになってしまった。また東軍の人たちも全員が武士であり続けたわけではない。下級武士の多くは、ふだんは農業に従事し、戦いの時には武士として戦った。江戸時代になると、武士ではなくただの農民として暮らす人も多かった。

 元・武士だった農民ばかりではなく、もっと身分の低い一般の農民でも名字を持っていたことが近年の研究で明らかになってきた。当時の農民は名字を持っていなかったのではなく、公に名字を名乗ることがなかったという考えが通説になっている。

広告の後にも続きます

 たとえば、江戸時代の俳人として知られる小林一茶は農民の出身だが、もともと「小林」という名字を持っていたことが知られている。

 現在ではいずれも「氏」と「姓」は同じ意味を持つが、かつては明確に区別されていたという。どういうことだろうか。大昔、日本には名字も姓もなかったと考えられている。

 飛鳥時代になると、渡来人がやって来て、さまざまな影響を与えるようになった。国の支配の仕組みや政治の制度を整える基盤となっていたのが、「氏姓制度」である。

 「氏」とはもともと血縁を表す言葉で、「氏族」と呼ばれる血族の集団の名称である。ヤマト王権では、その血族を「氏」と呼んで管理し、氏族もその氏を名乗った。

 大王家が氏族に与えた称号が「姓(かばね)」である。豪族たちに臣(おみ)、連(むらじ)、君(きみ)などの姓を与えた。「臣」の姓を与えられたのは、葛城氏、蘇我氏、平群氏、巨勢氏、吉備氏、出雲氏など。一方、「連」の姓を与えられたのは、中臣氏、大伴氏、物部氏など。朝廷で担当する役職によって、連の姓が決められた。このように、氏の血縁による組織をもとにして、姓によって秩序づけられたのが「氏姓制度」である。

地名で区別するようになった名字

 平安時代中頃になると、一族が増えて本来の姓だけでは区別がつかなくなっていった。そこで増えすぎた藤原の氏族は、自分たちの屋敷のある京都の地名などで呼び、区別するようになった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル