top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【食レポ】吉野屋「肉だく牛ハヤシライス」をお持ち帰り!酸味、コク、塩気がこだまするハヤシソースで“吉野家の牛肉”とがバカウマ! 肉だくで645円のコスパにも大満足

ネタとぴ

 牛丼でおなじみの「吉野家」は、10月7日から「牛ハヤシライス」を販売中です!

 「牛ハヤシライス」は、「吉野屋」の看板メニューとなる「牛丼」と同じ牛肉をご飯の上に盛り付けた上で、トマトの風味を活かしたハヤシソースをカレーライスの如くたっぷりかけた一品。

 「牛ハヤシライス」の税込み価格は、イートイン時547円/テイクアウト時537円。さらに肉増しした「肉だく牛ハヤシライス」イートイン時657円/テイクアウト時645円も同時販売中です。

 ということで今回は、「肉だく牛ハヤシライス」645円をテイクアウトしてきました!

テイクアウト版「肉だく牛ハヤシライス」は、牛肉が乗ったご飯とハヤシソースが別々の容器に入って登場!

 食べる前にキッチンスケールで重量を確認!

広告の後にも続きます

 容器を含めた「肉だく牛ハヤシライス」の総重量は471g。思いのほかハヤシソースがたっぷり入っていることも影響してか、平均的なコンビニ弁当の重量400gを楽に超えるボリュームとなっています!

容器込みの「肉だく牛ハヤシライス」の総重量は471g

 肉だく版の「牛ハヤシライス」を注文したこともあって、ご飯の姿を覆い隠さんばかりに牛肉と玉ねぎがたっぷり!

 それではいただきます!

「肉だく牛ハヤシライス」に付属するご飯の見た目は「牛丼」そっくり!

 まずは、牛丼の具によく似た牛肉と玉ねぎをいただきます!

 牛肉はお肉の旨味と脂身の旨味がともに強く、玉ねぎはシャキシャキとした食感と甘味が感じられ、「吉野屋」の「牛丼」よりも味薄めながらも、甘味とコクに満ちたタレが染みてウマウマ!

ご飯の上にトッピングされた牛肉と玉ねぎは、「牛丼」の具の味付けを少しライトにしたウマさ!

 今度はご飯を絡めて「牛丼」として食べてみると、牛肉の旨味、玉ねぎの甘味は申し分ないものの、肝心のタレの量が「牛丼」と比べて少なく、ご飯との親和性は「牛丼」と比べてかなり劣ります!

「牛丼」風に食べるとタレの量が少なく、ご飯物として食べるには味付けが完全に力不足!
  • 1
  • 2

TOPICS