top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今年の秋華賞は「忘れな草賞」の成績に注目。血統も十分な2頭に激走の気配

web Sportiva

 10月17日、阪神競馬場でGⅠ秋華賞(芝2000m)が行なわれる。

 このレースは通常は京都で行なわれるが、京都競馬場改修の影響もあり、今年は26回目にして初の阪神開催。ちなみに、トライアルのGⅡローズSは通常、阪神の芝1800mで開催されるが、今年は中京の芝2000m。距離は変わらないが、左回りの中京から右回りの阪神に替わるので、トライアルもちょっと参考にしにくいと言える。特殊な年となる今回は「阪神/芝2000mとの相性」を最重要ポイントに検討してみたい。

 3歳牝馬の阪神/芝2000m戦といえば、春にリステッドの「忘れな草賞」という重要な一戦がある。このレースの勝ち馬は1994年のチョウカイキャロルなど、過去5頭がGⅠオークス(東京/芝2400m)を勝利。そのうち2015年のミッキークイーンは秋華賞も勝利している。

 その他、2008年の勝ち馬ムードインディゴは秋華賞8番人気で2着、2009年2着のブロードストリートは秋華賞3番人気で2着だった。阪神と京都でも関連性があるので、同じ阪神の今年は特に注目すべきだろう。

 今年の忘れな草賞を勝ったのはステラリア(牝3歳/栗東・斉藤崇史厩舎)だった。


4月の忘れな草賞を勝ったステラリア

 中団からレースを進め、ゴール前鋭く伸びて鮮やかに差し切り。勝ちタイムは、なんとレースレコードを2秒も更新する1分58秒0。このタイムは直近2年の阪神/芝2000mでもっとも速く、良馬場だった昨年のGⅠ大阪杯でラッキーライラックが記録した1分58秒4をも上回る。馬場状態や展開の違いがあるとはいえ、極めて優秀なタイムだ。阪神で行なわれる秋華賞で、これほどのコース実績があるこの馬を狙わない手はない。

 ステラリアは忘れな草賞のあとに出走したオークスで13着と大敗。大外枠から積極的に好位置を取りにいったが、オークスとしては速めのペースに巻き込まれてスタミナを失った、という内容だった。京都/芝1800mの未勝利戦では5馬身差の圧勝を見せているように、右回りの芝1800~2000mがベスト条件だ。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル