top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「PCR検査を受けて、陰性結果が出ました」英語でなんて言う?

BOOKウォッチ

コロナ時代の英会話 旅行・生活で使えるリアルフレーズ(イカロス出版)<amazonで購入>

 コロナが収束したら、海外旅行に行きたい!と心待ちにしている人も多いのではないだろうか。

 ウィズコロナ、アフターコロナ時代の海外渡航には、これまでとは違った単語やフレーズが必要になる。たとえば空港でPCR検査を受ける時や、旅先のレストランで、コロナ陰性であることを証明したい時など、これまでの英会話本では対応できないことも。

 『コロナ時代の英会話 旅行・生活で使えるリアルフレーズ』(イカロス出版)は、海外旅行&外国人旅行客対応に知っておきたいシーン別の英語フレーズを網羅している。

画像は、『コロナ時代の英会話 旅行・生活で使えるリアルフレーズ』(イカロス出版)

 感染対策に関する呼びかけ、注意喚起、表示に加え、海外の知人や、渡航先で出会った人と英語でコロナ関連の話をする際に役立つ、コロナ下での生活や仕事の変化に関する用語やフレーズも掲載されている。

接客業の人も使えるフレーズが満載

 基本用語の紹介に加え、「旅の準備」「空港・飛行機内」「ホテル」「飲食店」「観光地・商業施設」「ガイドとのやりとり」「日常会話」といった7つのシーンに分けて、すぐに使える英語フレーズと会話の事例を紹介している。

広告の後にも続きます

 たとえば、「PCR検査を受けて、陰性結果が出ました。こちらが証書です。」は、次のように言えば伝わる。

 I had a PCR test and got a negative result. Here is the certificate.

 知っている単語でも、使い慣れていないととっさに出てこないのではないだろうか。

 ここでは、本書の中から飛行機に搭乗するまでの会話事例を一部紹介しよう。

旅行者「すみません、空港でのPCR検査を予約しているのですが、どこへ行けばいいですか?」
Excuse me. I have an appointment for a PCR test in the airport. Could you tell me where I should go?

空港スタッフ「エアポートクリニックです。この通路を進んだ先にあります。」
That would be the Airport Clinic. You’ll find it down this hallway.

旅行者「陰性結果証明が発行されたら、それを持ってチェックインすればいいんですよね?」
After a negative test result is issued, all I need to do is check in with it, right?

空港スタッフ「ええ、チェックイン後は、座席番号を健康状態申請カードに記入してください。」
That’s right. After the check-in, you have to fill in your seat number in the health declaration card.

 「旅行者が使うフレーズ」と「施設などのスタッフが使うフレーズ」の双方を、アイコンを区別し分かりやすく記載しているため、国内で英語を使い接客をしている観光・宿泊・飲食業の方にもオススメだ。


 さらに、新型コロナウィルス陰性証明(書)は、COVID negative certificate、ワクチン接種証明書はvaccination proof、消毒液はsanitizerなど、よく使われる単語や表現なども網羅している。

 目次は下記の通り。

Introduction コロナ関連の基本頻出用語
Chapter 1 旅の準備
Chapter 2 空港・飛行機内
Chapter 3 ホテル
Chapter 4 飲食店
Chapter 5 観光地・商業施設
Chapter 6 ガイドとのコミュニケーション
Chapter 7 コロナに関する日常会話
英単語・表現インデックス
日本語インデックス
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル