top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

一本分のうなぎが豪快にドーン!松屋の「“一本うなぎ”のうな重」に歓喜

おたくま経済新聞

 牛丼チェーンの松屋が異例となる2021年3回目のうなぎ祭りを開催。10月12日から「うな丼」や「うなぎコンボ牛めし」などのうなぎメニューの他に、今回はなんと一本分のうなぎを豪快にドーン!と使用した「“一本うなぎ”のうな重」(税込1790円)も登場するということで、早速うなぎ一本まるごと堪能してきました。

【元の記事はこちら】

 “一本うなぎ”のうな重(みそ汁・ミニお新香・山椒小袋付き)は、ふわふわとした肉厚のうなぎに、松屋特製うなぎダレがかかった、旨味が口いっぱいに広がる逸品とのこと。これは、もう行くしかない!謎の使命感にかられ、販売開始当日に行く手を阻もうとする小雨をものともせず、ダッシュで行ってきました。

 お店に到着すると、大きなうなぎのタペストリーがお出迎え、店内にも大きなポスターが貼られており、まずは視覚から記者を誘惑してきます。

広告の後にも続きます

 そして、その誘惑に見事なまでにハマり、迷いなく“一本うなぎ”のうな重の食券を購入。店員さんに渡して、うなぎの到着をワクワクしながら待ちました。

 待つこと数分。運ばれてきたうなぎに歓喜!広告の写真のとおり、迫力満点のうなぎが目の前に来てくれました。ヤバい……香ばしいうなぎの香りが「写真なんて撮らなくていいから早く食べちゃえよ」と、今度は嗅覚から誘惑してくる……。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル