top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

なかやまきんに君「5年前まではプロテイン飲んで大丈夫? とか聞かれていた」ブレずに筋肉と向き合ってきた25年間

ダ・ヴィンチNEWS

 筋肉を愛し、筋肉とともに人生を歩んできた、元祖「筋肉芸人」なかやまきんに君。10月13日に、日めくりカレンダー『なかやまきんに君の[日めくり]パワー!ワード!』(ヨシモトブックス)が発売された。このカレンダーには、きんに君による前向きな「31の筋肉メッセージ」が掲載されている。カレンダーになぞらえ「言葉」について聞いてみると、実直でブレないきんに君の“人間性”が見えてきた。

あわせて読みたい:日本一の筋肉美女・安井友梨さんに聞く! 30代からのぽっこり下腹撃退法

(取材・文=堀越愛 撮影=島本絵梨佳)

行動を変えた言葉

――トレーニングをすることで身体が変わるように、これまできんに君さんが「言葉」で変わったと思うことはありますか?

なかやまきんに君(以下、きんに君):あります。小学生の頃バスケットボールをやっていて、あるとき他校に練習試合に行ったんです。その学校の廊下に掲示されていた、おそらく環境問題をテーマにした5・7・5の標語作品のひとつに、「それくらい・これが破壊の・第1歩」って書かれていたんですよ。シンプルな言葉なんですけど、すごく覚えています。

広告の後にも続きます

――小学生のときですか! すごい記憶力ですね。その言葉がきっかけで、行動が変わったんですか?

きんに君:覚えているのはたまたまですよ(笑)。それだけ衝撃的だったのかもしれないですね。この言葉をきっかけに環境問題について調べるようになって、ごみの分別も気をつけるようになりました。あと、高校卒業後に大阪で一人暮らしをしていたときは、アルバイト生活でお金がないのに高い洗剤を買ったりしてましたね。環境に配慮した洗剤を買うために、自転車で30分くらいかけて洗剤が売られているお店に行ってました。

――30分かけてですか! 徹底してますね。ちなみに、最近気になっている「言葉」はありますか?

きんに君:仏教用語とか気になりますね。「人間って結局のところこうなんだ」みたいなことを説いてるじゃないですか。すべての欲を捨てろ、とか。「この時代にはもう答え出てたのか! 今頃言われても!」って思います(笑)。ちっちゃいときから学びたかったですね。こういうことを知って、育ちたかったです。

――仏教には修行もありますし、筋トレとも近いものがあるのかもしれないですね。

きんに君:こういう話をすると重くなっちゃいますかね(笑)。でも、仏教用語は本当に気になりますね。

良いトレーニングをした後は、ポジティブになれる

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル