top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中村玉緒 82歳の家出決断…逆介護の長女と“同居”解消していた

女性自身

中村玉緒 82歳の家出決断…逆介護の長女と“同居”解消していた

9月下旬の朝9時すぎ。東京都内の高級住宅地にある瀟洒なマンションから、中村玉緒(82)が姿を現した。

 

淡い秋色のジャケットにシックなパンツというファッションは年齢を感じさせない。外には女性マネージャーが迎えに来ており、仕事に出かけるようだった。

 

「じつは最近、玉緒さんはこれまで住んでいた都心のタワーマンションから引っ越して、一人暮らしを始めたのです」(中村家の知人)

広告の後にも続きます

 

これまで玉緒は、かつて付き人も務めていた長女・Aさん(58)と、部屋こそ違うものの、同じマンションで暮らしていたはずだった。しかし、その同居が解消され、82歳にして“家出独居”とあっては穏やかではないーー。

 

「以前はマンションの上階にAさんが住み、下のほうの階に玉緒さんが住んでいました。仕事があれば一緒に出かけていましたし、母娘にとって理想的な“スープの冷めない”距離だったわけです。

 

そんな関係だったのに、わざわざ転居したということで、当然周囲も母娘関係に変化があったのかと、心配する声が上がっていたのです」(前出・中村家の知人)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル