top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山本知事 魅力度ランキングにブチギレも群馬県民は「恥ずかしい」とドン引き

女性自身

山本知事 魅力度ランキングにブチギレも群馬県民は「恥ずかしい」とドン引き

「群馬で生まれ育ち誇りに思い、多くの県民もそう思っている」
「(根拠不明確なランキングで)群馬を低く位置付けることは県民に対し失礼だし侮辱している」

 

10月12日、こう話したのは群馬県の山本一太知事(63)だ。

 

民間シンクタンク『ブランド総合研究所』が実施した令和3年の都道府県魅力度ランキングで、44位を記録した群馬県。『産経新聞』によると、山本知事は冒頭のようにコメント。そして「県に魅力がないとの誤った認識が広まる」といい、法的措置も検討していると明かしたという。

広告の後にも続きます

 

山本知事が、同ランキングに異論を唱えたのは今回だけではない。

 

「山本知事は’19年7月に就任して以降、群馬県の魅力をアピールするよう努めてきました。県庁内にスタジオを設置し、動画配信にも積極的。ですが昨年の結果は40位でした。同年10月には会見で、ランキングに対して『観光産業など経済に影響を与える。中身や調査方法を含め、納得できる説明をする責任がある。ランキングは魅力度を反映していない』と話していました」(全国紙記者)

 

『読売新聞』によると山本知事は職員によるチームを結成し、統計学の有識者に意見を聞きながら同ランキングを検証。そして今年7月、会見で「統計的視点から適切と言えない」とする独自の検証結果を明らかにしたという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル