top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大島vs鹿児島城西

高校野球ドットコム

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

我慢強く、粘り強く、初Vつかむ!・大島

大島・大野

 大島と鹿児島城西。どちらも準決勝逆転サヨナラ勝ちで決勝に進んだ両チームが、この日も大島・大野稼頭央(2年)、鹿児島城西・津波辰弥(2年)、両左腕エースの好投をはじめ、鹿児島高校野球史に残る名勝負を繰り広げた。

 先手を取ったのは鹿児島城西。立ち上がり、3番・池野航太(1年)がレフト前タイムリーを放ち、わずか5球で先制点を挙げた。

 3回表、鹿児島城西は3番・池野がセンターオーバー三塁打を放ち、4番・藤田剛(2年)の犠牲フライで追加点を挙げた。その裏、大島は先頭の9番・直江朝日(2年)が右中間を破る三塁打で出塁。3番・武田涼雅主将(2年)のセンター前タイムリーで1点を返した。

 鹿児島城西は直後の4回に1番・瀨脇怜(2年)の犠牲フライ、5回は6番・當間琉斗(2年)のレフト前タイムリーで追加点を挙げ、点差を3点に広げた。エース津波は120キロ台後半の直球、110キロ前後のチェンジアップの緩急を巧みに使い分け、大島打線に狙い球を絞らせなかった。

広告の後にも続きます

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています


大島サヨナラ勝ち

 7回裏、大島が反撃に出る。二死から4連打を浴びせ、1番・有馬航大(1年)のセンター前タイムリー、2番・大野のセンター前2点タイムリーで3点を返し、同点に追いついた。4対4のまま延長戦へ。12回までに両者得点が奪えず、13回は無死一、二塁から始まるタイブレーク方式へ。大島は、表の攻撃を無失点で切り抜けると、その裏、4番・西田心太朗(2年)がライト前タイムリーを放ち、3時間9分の死闘に決着をつけた。

 延長13回裏、4番・西田は「打てる気がしなかった」と言う。それまで4打数無安打。ただ「(大野)稼頭央のために点をとる!」ことだけを念じ、これまで散々バットを振ってきたことを信じて初球を振り抜いた。当たりは詰まっていたが、セカンドとライトの間に落ちた。二塁から大野が生還。3時間9分の死闘を制し、大島が初の栄冠を手にした。

 5回まで3点ビハインド。この日も逆境からのスタートだったが、ナインの「終盤勝負」(武田主将)の共通認識に全くブレはない。「これまで稼頭央がずっと抑えてくれていた。自分たちが打って勝つしかない」(武田主将)一念で食らいつく。

 7回表、無死一、二塁のピンチを無失点で切り抜けると、その裏、二死から4連打で同点。13回、西田の決してスマートでない決勝打。いずれもナインの「決してあきらめない気持ち」(武田主将)が詰まっていた。投げては207球の完投、打っては7回に同点の2点タイムリー、エース大野は、投打にわたる活躍で大島初Vの強力な原動力になった。最後は自ら決勝のホームに頭から滑り込み、歓喜のナインの祝福を受け「最高にうれしかった」と笑顔で振り返った。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル