top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

おぎやはぎ小木「急に不安になってきた」日大板橋病院に手術費を手渡し、不信感吐露も苦言集まる

リアルライブ

 13日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、出演していたお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、日本大学医学部付属板橋病院への不信感を露わにし、視聴者から疑問の声が集まっている。

 この日番組では、日大背任事件について特集。事件は、日大板橋病院の建て替え工事を巡り、2億2000万円が流出したというもの。今回逮捕された日大理事の井ノ口忠男容疑者の元には少なくとも2500万円が渡ったと見られている。また、『バイキング』によると、2500万円は2回に分けて手渡しで渡った可能性があるという。

 ​>>おぎやはぎ小木、岸田新総裁に「全く期待できない」 予想が外れた坂上は「決戦は衆院選」とトーンダウン?<<​​​

 この事件について、話を振られた小木は「こういう話を聞くと、どんどん(人間)不信に思えてきて」と言い、「実はうちの親が去年に日大板橋病院で手術をしたんですよ」と明かした。

 小木は「手術費と入院費、手渡しで渡したんですけど……」と言うと、スタジオ出演者たちは大爆笑。だが小木は止まらず、「その金の流れが井ノ口さんのところに行ってんじゃないか。手渡しで渡しちゃってるから。行ってんじゃねえかって、急に不安になってきた」と暴露していた。

 しかし、日大板橋病院は、あくまで背任事件に利用されただけ。小木の発言にネット上からは「実際の医者とか職員には関係ないでしょ」「最低」「病院スタッフは無関係」「さすがに失礼」「笑いを取るために病院貶めるのはどうなの?」といった苦言が集まっていた

 小木の発言にスタジオ出演者たちは大笑いしていたが、病院への悪印象を与えかねない発言に視聴者は困惑しきりだった。

TOPICS

ジャンル