top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本代表の新4-3-3、実は可変システムだった!? 守備時の立ち位置がポイント、まだまだ調整は必要だが…【W杯アジア最終予選】

フットボールチャンネル

日本代表の新4-3-3、実は可変システムだった!? 守備時の立ち位置がポイント、まだまだ調整は必要だが…【W杯アジア最終予選】

 日本代表は12日、カタールワールドカップのアジア最終予選でオーストラリア代表に2-1の勝利を収めた。

 負けが許されない大一番で、森保一監督はシステム変更を決断。これまで主に使ってきた4-2-3-1ではなく4-3-3を採用し、中盤の形を正三角形から逆三角形に変えた。そして、この判断が功を奏して勝利をつかみ取ることができた。

 攻撃では「サイドバックがビルドアップの時に高い位置を取ってくるので、ボールを奪ってから、そのスペースを突いていけるのではないか」という指揮官の狙い通り、両サイドを使った崩しが有効だった。右サイドはウィングのMF伊東純也、左サイドはサイドバックのDF長友佑都が積極的に相手のディフェンスラインの背後を狙ってチャンスに絡んでいた。

 一方、守備では徐々に形に変化が生まれていた。見た目は4-3-3というより、4-3-1-2のような形。オーストラリア代表はセンターバックが敵陣内でボールを持ったとき、同時に両サイドバックがハーフウェーラインを超えて高い位置をとってくる。

 それに対し日本は両ウィングの伊東とMF南野拓実が相手センターバックの外側からサイドバックへのパスコースを切るようにプレスをかけ、1トップのFW大迫勇也が少し下がり目で中央の相手ボランチへのパスコースを牽制する。それによって4-3-1-2のような形に見えていたのだった。

広告の後にも続きます

 もし伊東や南野のプレスをかわされて相手サイドバックにボールが出ると、日本は同サイドのサイドバックが縦への侵攻を防ぐような位置どりで前に出る。相手のボールがハーフウェーラインを超えると通常の4-3-3に戻し、両ウィングはサイドの守備に走る。2つの型を使い分ける今回の戦術は、オーストラリアのビルドアップを寸断して得意な攻撃の形を作らせないための可変システムと言えるかもしれない。

「(南野)拓実と(伊東)純也のポジショニングはかなり高めにやっていたので、サイドバックがそのぶん高い位置を取らないと厳しいですけど、そこは今日うまくやれていたと思う。拓実も純也も下がりすぎず、中間ポジションを取る。

あとはサコくん(大迫)がセンターバックのところに動きすぎるとキツくなってしまうので、センターバックには行かせないで、落ちてきたボランチを見させながら、拓実と純也にセンターバックへ(プレスに)行かせるのはうまくやれていたと思う。ボランチも(田中)碧と守田(英正)がしっかりついていたので、うまくいったかなと思います」

 そう語るのは日本の中盤アンカーに入っていたMF遠藤航だ。4-3-3のまま1トップの大迫に両センターバックを追わせ、両ウィングを相手のサイドバックにぴったりつける定石ではなく、より負担を少なくしながらポジショニングで相手のビルドアップに制限をかける戦い方は概ね機能していた。

 しかし、そもそも4-3-3の採用が「理詰めは正直そこまでできていなくて、ぶっつけ本番」(守田)なものだったが故に、守備がうまくハマらなかった場面もあった。象徴的だったのは守田が失点につながるファウルを犯す直前に起こった相手の攻撃のシチュエーションだ。

 相手が後ろにボールを戻したとき、両センターバックに対して大迫と南野が前に出てプレスをかけ、パスを受けにポジションを落としたMFには守田がついていく。この時点で3対3となっており、南野のマークが外れたオーストラリアの右サイドバック、DFフラン・カラチッチはハーフウェーライン付近にポジションを取った。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル