top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本代表、全選手パフォーマンス査定。W杯アジア最終予選2試合をポジション別に3段階評価、好印象を残したのは…【W杯アジア最終予選】

フットボールチャンネル

日本代表、全選手パフォーマンス査定。W杯アジア最終予選2試合をポジション別に3段階評価、好印象を残したのは…【W杯アジア最終予選】

FW

 日本代表は今月、FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選の2試合を消化した。サウジアラビア代表にはアウェイで0-1と敗北を喫したものの、続くグループ最大の難敵オーストラリア代表には2-1で勝利。勝ち点を6に積み上げた。では、選手のパフォーマンスはどうだったのか。今回はポジションごとにA~Cの3段階で評価する。

—————————–

大迫勇也(背番号15)
サウジアラビア代表戦:フル出場
オーストラリア代表戦:61分 OUT
評価:C

 サウジアラビア代表戦、そしてオーストラリア代表戦ともに先発出場。とくに後者では随所でポストプレーの上手さをみせるなど、持ち味を活かしていた印象は強かった。しかし、サウジアラビア代表戦でもオーストラリア代表戦でもチャンスはあったにもかかわらず、それを決めきることができなかったのはFWとして致命的。怖い存在ではなかった。

古橋亨梧(背番号11)
サウジアラビア代表戦:59分 IN
オーストラリア代表戦:61分 IN
評価:C

広告の後にも続きます

 サウジアラビア代表戦、オーストラリア代表戦ともに30分ほどの出番に留まった。アウェイでのゲームは左サイドで出場するもなかなかボールに触れられず沈黙。ホームゲームでは動き出しの上手さとスピードを活かしチャンスこそ作ったが、最後の部分で少しもったいなさを残した。ただ評価はCとしたが、もっとプレータイムがあれば変わっていたかもしれない。

オナイウ阿道(背番号21)
サウジアラビア代表戦:73分 IN
オーストラリア代表戦:出場なし
評価:C

 10月シリーズ2試合は約17分間の出場に留まっている。当然、これだけの時間で自身の存在をアピールするのは難しく、残念ながら今回は印象に残らなかった。

MF

遠藤航(背番号6)
サウジアラビア代表戦:フル出場
オーストラリア代表戦:フル出場
評価:A

 今や日本代表に欠かせないMFはやはり2試合ともにフル出場。サウジアラビア代表戦は時間が経つにつれ徐々に存在感を薄めてしまったものの、オーストラリア代表戦のパフォーマンスは見事の一言。出足鋭く相手からボールを奪いきり、チャンスの起点にもなるなどフィルター役として十分に機能していた。改めて森保ジャパンに必要なピースであるということが分かった。

守田英正(背番号13)
サウジアラビア代表戦:73分 IN
オーストラリア代表戦:85分 OUT
評価:A

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル