top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「自分が楽しいかどうかは、どうでもいい」角田裕毅のアシストも奏功。レッドブル・ホンダは総力戦で勝負に勝った

web Sportiva

「ありがとう」。そのメッセージをボディにまとい、ホンダ勢4台は総力戦に挑んだ。

 第16戦トルコGPの決勝は、予報に反して雨。ホンダ勢4台はトップ10圏内からスタートし、10グリッド降格を受けたルイス・ハミルトンと対峙した。


純白のレーシングスーツで表彰台に立ったフェルスタッペンとペレス

 レッドブルは金曜からマシンの仕上がりが思わしくなく、ダウンフォースを増してなんとか対処したにもかかわらず、ウエットコンディションではさらに苦戦を強いられた。首位バルテリ・ボッタスは余裕を持ってペースをコントロールし、2位マックス・フェルスタッペンが追いかけようとすれば、ペースを上げて逃げていく。

 フェルスタッペンは壊れやすいインターミディエイトタイヤをいたわって、なるべく長く保たせることに集中し、2位のポジションをキープする走りに切り替えざるを得なかった。

「今週末は全体を通してメルセデスAMGに少し後れを取っていたので、それを考えればとてもいいレースができたと思う。レース序盤はバルテリ(ボッタス)についていこうとトライしたけど、タイヤをいたわる必要があった。だから、ある時点から少しペースを落として、またしばらくして路面が少し乾いてきてからペースを上げたんだ。

広告の後にも続きます

 でも、バルテリはタイヤをいたわりながら自分のレースをコントロールしていて、僕が彼に勝負を仕掛けるチャンスはなさそうだった。第1スティントは僕のすぐ後ろにはチャールズ(シャルル・ルクレール/フェラーリ)がいたし、彼もかなり速さがあったしね。だから、こうして表彰台で終えることができてうれしいよ」

 予選で0.328秒差、ベストセクターをつないだ理論値では0.5秒もの差があっただけに、この結果はレッドブル陣営として、ある程度は想定内。問題は、パワーユニットペナルティを取ったハミルトンの追い上げをいかに阻止し、ここでいかに多くチャンピオンシップポイント差を稼いでおくかだった。

 スタート直後の1周目にセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)を抜いて9位まで浮上してきたハミルトンを、8位の角田裕毅が果敢にブロックして抑え込んでみせた。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル