top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

余ったポテサラを豚カツに…まかないが人気メニューに

たべぷろ

「ポテトサラダ入りとんかつ」は、そのまんまのメニュー。ポテトサラダも豚カツも、家庭、外食を問わず超おなじみだが、この2つが合体すると他に類のないメニューに昇格する。テレビ番組で何回も紹介され、これ目当ての来店者も多い人気の理由を取材した。

「ポテトサラダ入りとんかつ」誕生のきっかけは、「豚カツにその日余ったポテトサラダをのせて、まかないにしたらうまかった」という“あるある”だ。おなじみの商材を使い、誕生エピソードも「まかないから」というよくある話だが、完成したメニューは1日に15~16食出るという堂々の看板メニュー。

ジャガイモは全部マッシュせず、「ジャガイモを食べている感」を出すために固形を残す

ポテトサラダのジャガイモはメークインと男爵を使用。メークインはマッシュして滑らかな食感に仕上げ、男爵は固ゆでした後、5mm角にカットしてホクホク感を出す。2種類のジャガイモを別々に調理して、それぞれの特徴を生かしている。

豚ロース肉は観音開きになるように切り終わりを残す

味付けはマヨネーズではなく、豆乳、サラダオイル、酢、塩、コショウで手作りする「豆乳マヨネーズ」を使用。「通常のマヨネーズだと酸味が強くて食べ疲れする。なにかいいものはないかとネット検索して見つけました。卵ではなく豆乳を使用すると、レアチーズのようなクリーミーな仕上がりになるんです」と白川部彰店主。

たたいて薄くのばした肉の上にポテトサラダ約50gをたっぷりのせる

具はニンジンの千切り、玉ネギのスライス、コーン。ポテトサラダの具の定番のキュウリは「苦手な人もいるし、揚げて生温かくなるとおいしくないから」とあえて入れない。味のアクセントは黒コショウ。「最初は白コショウを使っていましたが、パンチがいまひとつで黒コショウに替えました」と味の微調整も手を抜かない。

ライス、味噌汁、小鉢、香の物が付く。豚ロース肉、ポテトサラダ、衣を合わせて約300gと食べ応えあり

広告の後にも続きます

同店では他の揚げ物はテイクアウトでも提供しいているが、「ポテトサラダは傷みが早いから」という気遣いから、人気メニューにもかかわらずテイクアウトにはしない。

話を聞けば聞くほど、店主のこまやかな心配りとおいしさへのこだわりが感じられ、人気の理由はここにありと納得した。

●店舗情報
「洋食と中華の店 エチゴヤ」 所在地=東京都江東区亀戸6-55-8/開業(現在の業態)=1952年/席数=28席/営業時間=11時~14時、17時~19時30分。日曜休/平均客単価=750円/1日平均集客数=50人

◇外食レストラン新聞の2021年8月号の記事を転載しました。

TOPICS

ジャンル