top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜 第1話】私たちに「知らなかった世界」を教えてくれるラブストーリー・ネタバレあり

grape [グレイプ]

ブログ『現実逃避は前向きに。』で注目ドラマの感想をつづる、malcoさんによる新連載。2021年秋ドラマの見どころを紹介していきます。

2021年10月6日、日本テレビ水曜22時放送の連続ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜(以下、恋です!)』がスタートしました。

同作は、盲学校高等部に通う弱視の少女・赤座ユキコ(杉咲花)と、喧嘩が強く地元で有名なヤンキー・黒川森生(杉野遥亮)という、まるで共通点のなさそうな2人が繰り広げるラブコメディー。

筆者は、白杖ガールとヤンキーの恋という設定に興味を持つ一方で、『恋です!』というタイトルについて疑問を持っていました。

「恋です!」なんて、どんなシチュエーションで言うんだろう。
「です」って付いてるってことは、誰かのセリフかな?
恋をした主人公が、空や海に向かって叫んだりするんだろうか…。

広告の後にも続きます

そんな勝手なイメージをしたりして。恋を忘れた筆者のような人間には、どうにも純情すぎるタイトルだったのです。

第1話では、弱視のユキコが送る生活について触れつつ、2人の出会いが描かれました。

仲間とたむろして点字ブロックの上にしゃがみ込んでいる森生に、どいてほしいと伝えるユキコ。

すると、気分を害した森生に白杖を掴まれ、焦ったユキコは必死に抵抗し、ユキコが蹴り上げた足は森生の股間にクリーンヒット。

最悪の出会いのように見えますが、その一件以来、森生はユキコに恋をしてしまうのです。

ユキコの心を動かす森生の一生懸命さ

ユキコは弱視というハンデを背負っていますが、ヤンキーにも物怖じせず、他人にハッキリ自分の意思を伝える姿は、人として凛々しく強く見えました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル