top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本代表MF田中碧がゴールシーンで何を「感じていた」のか? 4-3-3の布陣で意識していたことは…【W杯アジア最終予選】

フットボールチャンネル

日本代表MF田中碧がゴールシーンで何を「感じていた」のか? 4-3-3の布陣で意識していたことは…【W杯アジア最終予選】

 カタールワールドカップ・アジア最終予選の日本代表対オーストラリア代表戦が12日に行われ、ホームの日本代表が2-1で勝利を収めた。最終予選初先発となった田中碧は、貴重な先制ゴールを決めて勝利に貢献している。

 日本代表はこの試合で布陣を4-3-3に変更し、中盤には田中、遠藤航、守田英正の3人が並んだ。いつもと異なるシステムについて、田中は試合後のインタビューで、「守備のときにより前からいくというのと、攻撃の時にボールをしっかりと握って相手を押し込むということをもう少しやりたかった」と振り返った。

 そして、早くも2敗目を喫し、苦境に陥ったチームを救ったのは、8分に田中が決めたゴールだった。左サイドのペナルティーエリア角から南野拓実がクロスを入れると、相手に当たったボールが逆サイドへ。田中は正確にボールを止め、GKが届かないコースに蹴りこんだ。

「拓実君がボールもったときに信じて走りましたし、目の前の相手がクリアしないなって、なんかわかんないですけど、感じていたんで、ボール止めることに集中して、決めることに集中して、蹴りこんで、うまく入ってくれた」

 田中はゴールシーンをそう振り返る。田中のゴールは、これまで最終予選3試合でわずか1得点しかきめていなかったチームに勢いを与えている。一時はオーストラリアに追いつかれたが、試合終盤のゴールで日本代表が勝ち越した。

広告の後にも続きます

 田中は「ここにくるときに、5歳くらいの子どもがユニフォーム着て僕らのバスの写真を撮っていた姿を見て、こういう子どもたちに夢を与えなければいけないなってすごく感じました」と試合前のエピソードを明かした。ライバルと目されるオーストラリアを破ったことで、ワールドカップ出場の望みは繋がれている。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル