top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「自転車での旅の途中、急に足から力が抜けた。フラフラになりながら見つけた店に入ったら…」(青森県・40代男性)

Jタウンネット

「若気の至り」という言葉もあるように、若いころ――たとえば高校時代は無茶なことをしてしまっていた、という人も多いのではないか。

その結果、痛い思いや苦い経験もしたかもしれない。一方で、忘れられない優しい出会いがあった、という人も居るのでは?

青森県の読者・Gさん(40代男性)が、Jタウンネット編集部にそんな思い出を寄せてくれた。

30年ほど前、友人2人と一緒に旅に出た時のエピソードだ。

地元・青森からフェリーに乗って、北海道にやってきた彼ら。その後の交通手段は、自転車だ。

広告の後にも続きます

体力には自信があったGさんだったが、道中いきなりペダルを漕ぐ足が動かなくなってしまい……。

急に力が入らなくなり…

私が高校生だった30年ほど前、友人と3人で北海道を自転車で走る旅に出ました。

「ボロボロになろうねツアー」と名付けた、八戸港からフェリーに乗り苫小牧へ行き、函館まで走ったあと青森に戻る、というものです。

その頃は携帯もインターネットもなく、地図だけを頼りにした文字通り行き当たりばったりの行程でした。

体力には誰よりも自信があった私は常に先頭を走っていたのですが、ある日のこと、ペダルを踏む足に急に力が入らなくなり、後から来た二人に追い越されてしまったのです。

二人の背中を追いかけようとしても全く足に力が入らず、咄嗟に「何か食べないと」と思うようになりました。いわゆるハンガーノック(長時間にわたる激しい運動によって極度の低血糖になり、体が動かなくなる)状態です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル