top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

9年連続指名の徳島インディゴソックスの凄さとは!

高校野球ドットコム


西武育成1位の古市尊とDeNA育成1位の村川凪

 昨日、プロ野球ドラフト会議2021が行われた。支配下選手77名、育成選手51名と合計128名の選手がNPBから指名されたことになる。

 西日本工大の隅田 知一郎投手は4球団が競合の末、西武ライオンズが交渉権を獲得するなど、ドラフトならではの緊張感もあった。また高校BIG3も順当に選出された。ただ、今回はそんな注目選手の動向ではなく、単純にNPBへの近道を考えてみたい。

 NPBに最も近いチームはどこだろうか。高校なら大阪桐蔭、花咲徳栄など注目校を思い浮かべるかもしれない。大学では早稲田大、明治大、亜細亜大、慶応大、東北福祉大の名前が挙がる。社会人なら三菱重工West、JR東日本。そして独立リーグなら徳島インディゴソックスが真っ先に上がるのではないだろうか。

 NPB以外のすべてのチームを見渡して、単純に数値だけから、NPB入りに最も近いチームを考えたい。

 まずはチームに所属する選手数から何%がNPBに選ばれているのか?例えばいくつか代表的なチームを調べてみた。

広告の後にも続きます

大阪桐蔭(高校):3% 2名(選手数61名)

早稲田大(大学):1% 2名(選手数143名)

三菱重工West(社会人):6% 2名(選手数36名)

徳島インディゴソックス(独立リーグ):5% 2名(選手数39名)

 割合だけで考えると、社会人の三菱重工Westや独立リーグの徳島インディゴソックスが頭一つ抜けているのが分かる。

 ただし、この割合だけでは、毎年安定してNPBに選手を輩出しているチームなのかどうかは特定できない。ある年だけのイレギュラーが起きている可能性を排除できないからだ。そこで2021年目時点で何年連続でNPBに輩出しているかを考えることで、この数値がNPBに輩出するベストチーム選出の正確な指標に変わってくる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル